カテゴリー
AV女優になる

AV女優に年齢制限はある?何歳から働ける?

AV女優になりたいと思う女性に年齢制限はありません。 AVは何歳からでも挑戦できますし、プロダクションに所属することもできます。しかし、18歳未満の女性は撮影ができませんので所属予定となるか、18歳になってから撮影をする […]


AV女優になりたいと思う女性に年齢制限はありません。

AVは何歳からでも挑戦できますし、プロダクションに所属することもできます。しかし、18歳未満の女性は撮影ができませんので所属予定となるか、18歳になってから撮影をすることになります。

AV女優の前職は、OL・営業・接客業・風俗・飲食店など様々です。デビューした年齢が遅いから売れないということはありません。

AV女優になる最低条件は「18歳を超えていること」

AV女優になる最低条件としては、18歳を超えていることです。そしてもう一つ重要なのは、18歳でも高校在学中はAV女優になれません。プロダクションによっては、卒業式を迎えても4月1日になるまでは所属できないところもあります。

若いことを売りにしたり、幼さを演出している作品は多数あります。しかし実際の年齢がみんな18歳なわけではなく、18歳以下に見える幼い顔立ちだったり体型だったりするだけです。

プロダクションによっては、20歳以上にならないと所属できないところもあるくらいです。10代は貴重な存在であることは、間違いないので18歳でAV女優を目指している女性は、10代が所属できるプロダクションを選んでオーディションを受けてみましょう。

処女を売りにして、華々しくデビューすることも可能です。

10代の作品に多いのが、SEXを一度も経験していない状態で撮影に臨む「処女解禁」作が人気です。実際には、処女でない女優もいるようですが、自分が処女であることをオーディションでアピールするのも価値があります。

裸になる仕事ですが、役を演じる仕事なのでテレビに出ている俳優や女優と変わりません。自分の価値をすべて見せられるステキなお仕事です。

活躍しているAV女優は、20代

AV女優で一番多い年齢は20代です。人気になりやすい年齢とも言えます。演じる役柄も、体型や顔立ちによって分かれる年代です。社会で働き始める人の多い年代なので、役柄が多数演じられるようになります。

逆に、幼さを売りにして幼女系のジャンルに出演して人気になっている女優もいますね。年齢に合わせた作品というよりも、個性を売りにした作品に出演することが多いのが20代です。

OLや秘書、コスプレ系などジャンルが多数あります。

個性によってジャンルが変わってきますが、新人OLが上司と会社でSEXしてしまうものなど、実際にはありえないけれど、男性の願望をかなえる作品がAVにはあります。

体型でいえば、細身だったらコスプレ系に需要があったり、巨乳だとおっぱいをアピールする作品に出演するなど、自分の個性で出演することができます。

色気を出せるのは20代後半から

女性の色気について男性に聞くと若い女性には、若い魅力はあるけれど色気は感じないという声が多いです。年齢を重ねることで、出てくる色気もあります。

20代後半だと、結婚している女性もいますよね。そこで、人妻系のジャンルにも出演したりとジャンルがますます増えるのが20代後半からです。AV業界では、年齢よりも容姿を見られることが多いです。

作品のジャンルで必要とされる年齢が変わります。

AV作品のジャンルは、男性の願望をそのままジャンルにしているものが多いので、幅が広いです。体重100㎏を超えたAV女優も、もちろんいらっしゃいます。

「体型がよくないから」「美人じゃないから」そんなことでAV女優を諦めなくてもいいんです。処女系からおばあちゃんと孫のSEXものまで幅広くジャンルがあるので、挑戦してみる価値はあります。

若いことを売りにできるのは20代前半まで

年齢で若いとされるのは、やはり20代前半までになるでしょう。水着でキャーキャー遊ぶおばさんの作品に興味を持つ方は少ないですよね。なぜなら、現実に存在していないからです。

飲み会からそのままSEXするような流れも、現実的に20代が圧倒的に多いですよね。若いことだけを売りにするなら、20代でAVデビューをオススメします。

待ちゆく女性をモデルにしたジャンルだと20代から30代

電車やバスで痴漢されたり、買い物している姿を盗撮されていたりする作品の多くは20代から30代の女優が出演しています。30代で幼いジャンルに出演するのは至難の業だと思います。

AVは、男性の願望だったり、実際にあるシチュエーションでの非現実的な行為を作品にしています。20〜30代は、いわゆる「きれいなお姉さん」を演じられる年齢です。

40代からは熟女系やお母さん役もできます。

40代になると、出演するジャンルが変わってきます。例えば、部下役だった女優でも、課長など上司役になって若手社員から攻められるような展開の作品になります。

近親相姦などのジャンルも入ってきますし、「おとなりの奥様」系のジャンルにも40代は活躍できそうですね。40代だからAV女優として活躍できないわけではありません。

NGプレイが少ないと需要が高くなります。

NGプレイというのは「アナルSEXができない」「精子が飲めない」などで、撮影ができないプレイです。

NGにしていた大人のおもちゃを使用した作品をOKプレイにしたとします。すると「解禁!バイブで攻められ喘ぐ〇〇」など、今まで撮影していなかったプレイを売りにした作品の依頼がくるかもしれません。

AV作品はストーリーの中で必要なプレイもありますし、ジャンルによってNGだと出演できないこともあります。NGプレイは、できるだけ少ない方がプロダクションとしても内容を小出しにしてAV女優として長く活躍させてくれるかもしれません。

ハードプレイに見えるジャンルに挑戦する女優もいます。

ハードに見えるだけで、実はハードではない作品もあります。それは、AV女優の演技力があっての話しになりますが、拘束されて泣き叫ぶシーンを撮影するときに、本当に嫌で痛くて苦しいことをされて泣いているのか、演技で泣いているのかは、編集でどうにでもなります。

演技力の高い女優は、そういったジャンルにも挑戦することができます。

本当にハードなプレイを実践できる女優さんは貴重です。

実際に水責めや高速バイブ、スカトロプレイなどができる女優は、極少数しかいません。そこまでハードなプレイでも可能であれば、ライバルが少ないのでハードジャンルで人気になる確率は高くなります。体のケアや、撮影中の安全確認なども今はしっかりしているので、一生残るような傷や後遺症などを心配する必要はありません。

AV女優に年齢制限はありません。

18歳以上であれば、AV女優として何歳でも活躍できるチャンスはあります。自分に自信がなくても、プロダクションに所属してアドバイスをもらうことで自信が持てるようになったり、人に見られることを意識することで輝く女性はたくさんいます。

現在のAV女優最高年齢は81歳!

現在、AV女優の最高年齢は81歳です。需要があるから出演作品があるのです。歳をとったから、女性として魅力がないと考えるのは間違っています。男性目線であなたが気づいていない魅力を見つけられるかもしれません。

お金がほしくてAV女優になる人は少ないです。

昔は、お金がほしくてAV業界に入る女性が多かったと聞きますが、今はお金よりも必要とされたかったり、自分しかできないことに挑戦したい女性が多いです。親バレや彼バレを気にする女性も、昔より減っていますし、引退して作品を消すこともできますので、誰もができない経験をしたい女性もAV業界にはいます。

他の仕事では味わえない、お姫様待遇で仕事ができることが楽しくて続けている女優もいます。普段の自分と違う自分になれる変身願望で女優になる女性もいます。

AV女優ができる女性には魅力が詰まっています。

どんな女性にも、魅力はあります。そして輝けるチャンスがあります。年齢の上限はありませんし、自分のタイミングで始められる仕事です。普通の会社の場合、嫌な辞令でも断れませんよね。AV業界は、仕事内容も自分で選んだものをすればいいので、無理なことは言われません。

仕事なので、楽で簡単だと考えるのは甘いですが、自分の頑張りでどんどん活躍できる業界です。自分の頑張りを正当に評価してもらえることで、もっと輝く自分になれる世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください