カテゴリー
AV女優になる

AV女優はどうやって営業してお仕事をもらうの?

プロダクションに所属したら、お仕事を受けるためにAVメーカーに営業を行います。営業方法は、プロダクションや女優の考え方、どう働いていきたいかによって変わってきます。 ここでは、AVメーカーへの営業の方法と、お仕事をもらい […]

プロダクションに所属したら、お仕事を受けるためにAVメーカーに営業を行います。営業方法は、プロダクションや女優の考え方、どう働いていきたいかによって変わってきます。

ここでは、AVメーカーへの営業の方法と、お仕事をもらいやすくするコツについて解説します。プロダクションに所属した後の流れがわからないという方も、この記事を読めばその不安を解消することができるはずです。

AV女優の営業方法

AV女優の営業方法は、モデルさんが所属しているプロダクションのマネージャーが1人で営業する方法と、モデルも同行する営業の2つがあります。

単体出演を目指す女優と企画出演を目指す女優でも営業方法が違います。単体か企画かは、面接して契約したあとにプロダクションと相談して、どちらをメインに営業していくのか決めます。

基本的に営業前にモデルさんを売り込むための宣材写真を撮影し、簡単なプロフィールを作成します。これは女優の名刺代わりになるものなのでとても重要な書類です。マネージャーと相談しながら作成するので、どうやったらお仕事がもらえるか話し合って決めていきます。

マネージャー1人で営業

まずはマネージャー1人で営業する場合について説明します。

この営業方法は、営業用の宣材写真と女優のプロフィールを用意し、マネージャー1人がメーカーを回ります。なるべく早く仕事がほしい女優や企画出演などから始めたい女優さんは、この方法で色々なメーカーにどんどん営業していきます。

メーカーは、女優のプロフィールやOKプレイなどを見て、プロダクションにオファーをくれることになります。メーカーが作りたい作品に適していれば、すぐにでもお仕事をもらうことができます。

担当マネージャーと一緒にメーカー周り

もう1つの営業方法は、マネージャーと女優が一緒にメーカーに営業をします。宣材写真を名刺代わりに持参し、実際の女優さんを見てもらいます。こちらのほうが、メーカーの担当者に印象を強く残すことができます。

単体でも企画でも、オファーが来なければお仕事できません。女優さんが一緒に行くことでメーカー担当者の目にとまれば、オファーの確率が上がるので、お仕事の機会が増えることにつながります。

お仕事が決まりやすくするコツ

AV業界の営業でもお仕事が決まりやすくなるコツがいくつかあります。

まずプロダクションと一緒に営業に行く場合、営業と考えるよりもオーディションを受けるつもりでのぞんで下さい。ですが、だからといって緊張する必要はありません。一番良いのは、自然な自分を見せることです。

緊張しないように、あらかじめマネージャーと打ち合わせしておきましょう。質問されそうな内容や、売り込むポイントを決めていると、緊張も少し和らぐはずです。

プロダクションの人はたくさんの女性を連れて行っているので、緊張しないためにはどうしたらいいのか、どうやったらお仕事が決まりやすくなるかも丁寧に教えてくれます。営業が初めての人はどうしたらいいのかわからないのが普通です。気軽に相談してみましょう。

お仕事に前向きという姿勢を

どんなお仕事でもそうですが、前向きに仕事を受ける姿勢があることが前提条件です。やる気があるかどうかは、態度や話し方を見ていればわかります。

メーカーの担当者が話していることをしっかりと聞いて、質問されたら積極的に回答していきます。最低限の一般常識があることも重要です。

明るく元気に

緊張のあまり表情が硬くなってしまったり、声に元気がなかったりすると印象が下がってしまいます。AV出演の営業だからと、色気を出したりする必要はありません。

バイトや会社の面接のように、しっかりと担当者を見て、ハキハキと話すように心がけると印象がよくなります。服装は、あまり暗い色を選ばない方がいいです。事前にどんな洋服で行けばいいかプロダクションに相談してみましょう。

最終的には「人」で判断される

プロダクションがモデルさんを見てどのメーカーに営業にいくのか決めるので、あまりにコンセプトの違うメーカーには連れて行かないはずです。オファーをかけるかどうかの判断基準には、作品との相性、スタイルなどが関係します。

ですが、同じような女優がいた場合、最終的には「モデルさんの人間性」で判断されます。メーカー営業で担当者が感じたことが、そのままオファーにつながります。

「口角を上げる・猫背にならない・相手の目を見て話す」これだけで、相手に伝わる印象はよくなります。当たり前のことですが、お仕事を適当に考えてしまっている女優にはできていないことです。

『どれだけ真剣に作品に取り組める女優であるか』を売り込んでください。

プロダクションによって営業方法が異なる

プロダクションには、新しくできた会社と昔からある会社があります。新しくできた会社の場合、営業といってもメーカーとのコネクションが少ないので、会社をメーカーに認知してもらうことから始めることになります。

メーカーからすると、どんな教育やマネージメントをしているのかわからないところの女優を採用するよりも、昔から付き合いのあるプロダクションの女優を採用する方が安心感がありますよね。

業界歴が長い老舗のプロダクションには、多方面のジャンルに出演できる女優が在籍していますし、メーカー側も相談しやすいので、仕事の割合は老舗プロダクションの方が多くなります。

新人女優に仕事オファーがくる確率は、老舗プロダクションに所属している方が断然多くの機会に恵まれます。女優を売り出すコツや、向いているメーカーなどをプロダクションが選んで営業ができることも老舗プロダクションの良いところです。

結局はどのプロダクションに所属するかで、仕事がもらえるかもらえないかが変わってくるので、プロダクションに所属してから数ヶ月たってもお仕事がもらえないという場合は、業界歴の長い老舗のプロダクションに変えてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください