カテゴリー
AV女優のよくある不安・疑問

「ごっくん」ってしすぎるとヤバい?病気のリスクは?

AVのシチュエーションで多いものの1つが「ごっくん」今回はその「ごっくん」について少し追及してみようと思います。 可愛らしい響きの「ごっくん」。この「ごっくん」というのは、男性が射精した精液をその響きのとおり「ごっくん」 […]

AVのシチュエーションで多いものの1つが「ごっくん」今回はその「ごっくん」について少し追及してみようと思います。

可愛らしい響きの「ごっくん」。この「ごっくん」というのは、男性が射精した精液をその響きのとおり「ごっくん」と飲み込む行為のことです。

よくAVの作品の中で、女優さんが美味しそうに飲み込んでいたり、時には「ごっくん」そのものがメインテーマとなっている作品もあるので、目にしたことがある人も少なくないのかもしれません。

「ごっくん」することで身体への影響はないの?

身体への影響、これはとても気になるところだと思います。一時期、「ごっくんすると肌が綺麗になる」「ごっくんは美容にとてもいい」など噂になりました。

というのも、精液というのは主に「タンパク質」でできているので「精液イコール上質なタンパク質」という理論のようです。プレイ中、またはフェラのあとそのまま「ごっくん」されたい、という男性も多いので、「ごっくん」はとても身体にも肌にもいいんだよ!! という、ある意味イメージ戦略だとも思えますが。

じゃあ実際には身体にどうなの?

理屈で言ってしまえば、精液を形成するものの多くが「タンパク質」ですので、食事から摂る栄養素と同じように消化、吸収されます。タンパク質を摂る、ってところだけに特化すると一般の食事のほうがタンパク質は多く摂れるので、精液が「上質なタンパク質」というのはやはりイメージ戦略のようなものなのかもしれません。

ただ、食事と同じように消化、吸収するということは、身体にとって少なくとも害はないということは言えます。害はないとはいえ体質によっては体調不良をおこすこともあるので、そこは自分の身体の声をしっかり聞いてあげてください。

実はこんなメリットも

「ごっくん」することによって、数種類の幸せホルモンが分泌されると言われています。主にオキシトシやエンドルフィン、セロトニンなど。これらは気持ちが満たされたときに分泌されるので「ごっくん」だけではなく、「大好きな人とのセックス」や「いちゃいちゃハグ」でも同様です。

この幸せホルモンが出ることによって女の子が綺麗になったり元気になったり、そういうことは実際にありますから、「ごっくん」ってとても身体にいいんだよ!!と言われてる由来の1つはこの幸せホルモンのことなのかもしれません。

「ごっくん」のデメリット

「ごっくん」してもらって喜ばない男性は稀なので大好きな人にはしてあげたい、という気持ちになるとは思いますが、やはりデメリットもあります。

性病の感染リスクはある

フェラからの「ごっくん」や「お掃除フェラ」これには性病感染のリスクがあります。挿れてないから大丈夫、ではなくて、オーラルセックスだけでも感染の可能性はありますし、同様に「ごっくん」でも性病に感染している男性の精液ですと感染の可能性があります。

口の中の粘膜に傷がついていたり、虫歯があったりすると尚更可能性が高くなるのでそこには注意です。

じゃあどうすれば性病にならずにすむの?

性病のリスクは様々なところに潜んでいます。でも、当然なりたくはないですよね。特定の恋人とだけセックスをしていてお互い浮気などしていなければ、可能性はかなり低いところでいられますが、お仕事として考えるとヘルスやソープで性病をうつされることは残念ながら多々あります。

極端に言えば、「性病検査していない不特定多数を接客する」とシステムの中では、どこかのタイミングで性病にかかったことのある女の子の割合はけっこう多いと思います。そういう意味でも、やはり女の子も相手の男優さんもきっちり性病検査を受けているAVのお仕事が1番「安心、安全」だということに繋がります。

でも、性病検査って怖いよね…

「不安を消したくて性病検査に行きたいけど、やっぱり怖い…」こう思っている女の子も多いと思います。お店が性病検査を義務づけているところもありますが、検査して結果を待つまでの時間の落ち着かなさ…。

そこで、1つおススメしたい方法があります。一般の婦人科でも性病検査はできますが、できることなら「風俗街」にあるクリニックを探しましょう。例えば東京だとしたら「吉原」周辺ですが、性病検査メインのクリニックってけっこうあります。

そういうクリニックですと、風俗のお仕事をしている女の子しかほぼ来ないですし、何よりのメリットとしては、万が一なんらかの性病に感染してしまっていたとしても、1日や2日点滴打つだけで治せます。

通常、服薬だけですと治るまでけっこう時間かかるので、もうその時間はストレスフルです。それらを考えると、不安から万が一のことまで考えて全てを最適化すると「風俗街」にあるクリニックはおススメできます。

恒例の余談ですが…

「なんとなくわかったけれど、やっぱり「ごっくん」には抵抗がある…。」そう思うのも無理もないとは思うのですが、AVに特化してお話するのであれば、「ごっくん」というよりは、「あたかもごっくんしているように見える演技と演出」です。

つまり本当に「ごっくん」していることはほぼありえないです。シチュエーションが多いだけに、「やっぱり「ごっくん」できなきゃダメなのかな…」なんていう心配はしなくて大丈夫です★

まとめると

「ごっくん」することで身体に害があることはありません。ですが、性病のリスクは少なからずあります。では、それをどうやって回避するか、ということになりますが、風俗のお仕事に関しては不特定多数のお客さまの接客をするお仕事はハイリスク。

だとしたら、女の子自身もその相手となる男性も性病検査を受けて完全にホワイトの状態でお仕事できるのは、やっぱりAVのお仕事なのかなと思います。

風俗業そのものが、「究極の接客業」と言われたりしています。私もそれは間違いではないと思います。だとしたら、AVのお仕事は「至極のサービス業」とも言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください