カテゴリー
AV女優のお仕事について

AV撮影の流れとかかる時間について(ハメ撮り〜3P・複数)

[st-out]https://pan-pan.co/detail/85412

素人ハメ撮り動画の綺麗な撮影方法!女性にOKしてもらう方法から撮り方ののコツまで。

【驚愕】知り合いのナンパモノのAV撮影現場に付き添わせてもらった結果→後日、大変なことに・・・・・・・・・・

AV撮影はこうやって行われる!AV撮影現場のメイキング映像!


https://girl-secret.com/av-shooting-of/
■AV撮影の流れとかかる時間について(ハメ撮り?3P・複数)
[/st-out]

AV女優の仕事は、メーカーさんとの打ち合わせから始まり、撮影を終えるまでがお仕事です。作品の内容にもよりますが、作品1本の撮影が終わるまで、短い場合は1時間程度、長くてもだいたいの撮影は1日で撮り終わります。

撮影する場所も内容によって様々で、ストーリーものであれば撮影するために外に出ることもありますし、いくつかのスタジオを変えて撮影すこともあるので、絡み(エッチ・セックスのこと)を撮ってすぐ終わりという現場は少ないです。

では実際にどんな流れでお仕事をしていくのか、ここではAV撮影の流れを詳しくご紹介していきます。AV女優になってどんなお仕事なんだろう」と気になってる方は要チェックです!

AV撮影の流れ

AVは、いきなり撮影が始まることはありません。AV女優さんには、しっかりとお仕事を説明されるところから始まるので、まずは内容をきちんと把握して、きっちり女優さんとしてお仕事ができる状態を作りましょう。

女性には生理もありますから、撮影の日程調整などはモデルさん中心で考慮し、打ち合わせの時にスケジュールを決めていきます。

詳しく解説しますので、まだ撮影したことのない方はしっかりと把握しておきましょう。

営業でもらった案件を確認

まずはじめは案件がないと始まりません。AVのプロダクションがお仕事の案件を持ってきてくれるか、マネージャーさんとの営業周りでメーカーからオファーをもらいます。

その後、撮影の内容確認をします。案件の詳細には、撮影場所、絡み回数、プレイ内容などの予定が詳しく書いてあります。

この時点では、まだ出演確定ではなく「案」です。女優さんの承諾がないままでは、内容が確定しないからです。あくまで女優さん第一で撮影が決まっていきます。

撮影やお仕事を受けるかモデルさんが判断

案件を説明され、自分が演じられそうな内容であるか判断します。よくわからないことや不安がある場合はこの段階でプロダクションの人やマネージャーと相談しましょう。

案件にある内容で「どうしてもこうしたい!」などの希望があれば、返答するときに、伝えておきましょう。そうすることで、メーカーとの打ち合わせもスムーズに進みます。

もちろん、この段階で撮影を断っても大丈夫です。

でも、あんまり撮影内容の選り好みしない方が、メーカーからの印象も上がりオファーが来やすくなるなどのメリットがあるので、プロダクションと契約したときに自分で許容範囲をしっかり決めておいて、撮影するかを慎重に判断しましょう。

あくまで「お仕事」だということは忘れずに!

プロダクションやメーカーと詳細の打ち合わせ

案件でいただいた内容を、確認しながら確定していくのが「打ち合わせ」です。発売時期なども打ち合わせである程度決まることが多いです。

始めのうちは、この打ち合わせで自分の意見を言える女優さんは少ないと思うので、できるだけ案件の時点で希望は伝えておくようにしてください。

監督との面談をここで行うこともあります。自分の売り出したいポイントや好きな角度なども伝えておくと、撮影で配慮してもらえるかもしれません。

日程の確定と調整

撮影日や撮影時間を調整します。女優さんの生理周期を考えて調整したり、人気の女優さんなら他の撮影との調整も必要になってきます。

AV業界は、女優さんが第一、最優先なので、日程が確定しないと男優さんやスタッフの調整ができないんです。それほど、女優さんのことを大事にしてるということです。

スタイリストによる衣装決め

ストーリーによって、私服のような衣装や、OLの制服、メイド、シースルーのドレス、下着のデザインなど衣装が変わります。女優さんの体型によっても、用意するものが変わるので、スタイリストさんと相談しながら決めていきます。

何度か撮影を一緒にしているスタイリストさんだと、好みを覚えてくれていたり体型を把握してくれているので、撮影当日に簡単な衣装決めで終わる場合もあります。

スタイリストさんは、女優さんが一番キレイに見える衣装を提案してくれますし、ブラウスのボタン位置を変えて谷間をキレイに見せる工夫など、細かい調整もしてくれる女優さんの強い味方です。

メイク

AV撮影時のメイクは、企画物や素人がテーマの場合は自分ですることもありますが、スタジオで撮影する場合はほとんどメイクさんがいます。女優さんがライトに照らされたときに一番キレイに見えるメイクをしてくれます。

撮影は反射板などを使ってライトを強く当てるので、普段している化粧だと薄く見えてしまいます。この撮影用のメイクは、初めてだとすごく濃いメイクに見えますが、撮った映像をみるとすごくいい感じに映っているはずです。

さらに身バレ顔バレがこわい人なんかは、メイクで身バレを防ぐこともできるくらい、プロのメイクさんは違います。メイクをすると女優さんはスイッチが入るようですね。

撮影

女優さんが撮影現場に入ると、いよいよ撮影の始まりです。

本番の撮影をする前に、ライトの調整や絡み角度のチェックを行います。女優さんの表情が色っぽく見える位置でカメラのセッティングをします。

撮影スタッフは、マイク・カメラ・監督・アシスタントなど複数人いることがほとんどです。

打ち合わせをした内容の撮影が始まります。初めての撮影だと大勢の前で裸になることに抵抗があるかもしれませんが、撮影の途中で慣れてしまう方がほとんどみたいです。

撮影時間が長いときは、途中で食事休憩をとることもありますし、女優さんの着替えやメイク直しをすることもあります。

初めての撮影の場合、どうやって動いたらいいのかわからなくて不安という人も多いですが、男優さんや監督がしっかりエスコートして、どうやって動けばいいのか指示してくれるので安心してください。

ハメ撮り

撮影といっても色々な状態の撮影をします。まず性器を挿入しているところを撮影するのが、ハメ撮りです。

ハメ撮りは、角度を変えて何回か撮影するか、カメラを何台か用意して撮影します。編集したときに一番性欲をそそる角度を採用するので、何パターンか撮影しておきます。

3p〜複数プレイ

出演人数が増えれば、その分撮影時間が長くなります。それは、女優さんが一番キレイに見える角度で撮影するため、男優さんの影になってしまったりすると撮り直しになるからです。

女優さんが複数いる場合も、それぞれの女優さんがキレイに見えるように撮影します。同じシーンを何回かカメラワークを変えて撮影することもあります。

企画物で多数の出演者になる場合は、男優さんよりも女優さんを優先して撮影しています。企画にもよりますが、複数の女優さんで1作品を製作するときでも、撮影は一人ずつ行うこともあります。

その他の撮影やお仕事

AVの撮影は、動画を撮るだけではなく、宣伝用やパッケージの写真を撮影します。写真の撮影は、本番撮影前に行う場合と撮影中に写真撮影をする場合があります。

女優さんは、撮影の他にも作品の宣伝などでファンミーティングをすることがあります。自分の名前と作品を知ってもらうチャンスなので、宣伝案件がくれば進んで受けてみましょう。

AV撮影で注意すべき3つのポイント

ざっと撮影時の流れをご紹介しましたが、まだまだ不安も多いと思います。そこでここからは、「とりあえずこれだけ注意しておけば大丈夫!」という、撮影するときに注意しておくポイントを3つご紹介します。

この3つだけ注意しておけば、あとは監督やプロダクションに指示されたように動けばOKです。もちろん、イヤなことや気になることがあったら、その思ったときにとしっかりと伝えてくださいね。

あと3つとは別に、AV撮影の打ち合わせした内容を覚えてから撮影現場に向かうことをおすすめします。AV撮影は女優さんのプライベートな部分を撮るのではなく、役を演じる「お仕事」です。テレビとは違いますが「女優」だということを忘れないでください。

体が資本!身体を万全の状態に

まず第一に健康であることがとっても大切です。

AV作品の撮影は女優さんが第一優先ですから、女優さんが体調不良で撮影に来れないと、その日集められたスタッフの仕事は全て飛んでしまいますので、体調管理は超重要です。

身体の状態とは、風邪などの体調不良も気をつけないといけませんが、性病にも注意が必要です。プライベートでSEXをしたり、風俗で働いていたりすると性病がうつっている可能性があります。

現在のAV業界では、撮影前に性病検査を受けなければ撮影に参加することができなくなっていますが、性病検査の日から撮影の日まであいだが開いてしまうと、その期間で性病になる可能性もゼロではないということは頭に入れておきましょう。

顔や身体の肌調子にも気を使ってください。撮影前に肌荒れしてしまったり、青アザができていたりすると、撮影に影響してしまうことがあります。メイクで消せるものならどうにかなりますが、できるだけ注意するようにしてください。

お仕事内容で不明点がないように注意

打ち合わせした内容を覚えておかないと、撮影の流れがわからなくて迷惑をかけてしまうことになりますし、撮影を止めてしまって男優さんが困ってしまうこともあります。

もし、内容でわからないことがあれば、撮影前にプロダクションに確認してわからないことを解消しておきましょう。

撮影内容

打ち合わせで決めた撮影内容の準備しておくことも重要です。スカトロがプレイにあると便調子を合わせておく必要などもでてきます。

下着の痕をつけないようにすることが必要になるかもしれませんので、撮影内容に必要な準備がわからない場合は、プロダクションやマネージャーに教えてもらいましょう。

ギャランティ

お仕事のギャランティは、メーカーが支払う額がそのまま女優さんに入るわけではなく、プロダクションから支払われます。

最近ではAV業界の健全化の推進から、メーカーから出るギャランティを全て公表する流れになっています。

ギャランティもプロダクションによってかなり差があります。プロダクションとの契約で、月額の報酬が決まっている女優さんもいれば、歩合制で作品報酬の何割と決まっている女優さんもいます。

おおよそ30%〜50%くらいが相場となっています。100万円のギャラがメーカーに出た場合、報酬割合が50%であれば、女優さんには50万円支払われます。

ひどいところだと20%くらいのギャラしか払っていないプロダクションもある見たいなので、ギャランティのことはプロダクションとの契約時にしっかりと話し合っておきましょう。

また、撮影前日や当日などで撮影内容に変更があれば、案件時点の報酬とは変わってきます。逆に、撮影でできなかったプレイなどがあれば減ることもありますし、撮影時間が延長になったりプレイが追加されたりすると増えることもあります。

当日聞いてない内容のお仕事だったら…

まずは、現場で内容の確認を行いましょう。それでも聞いていない内容の撮影が行われようとしたら、すぐにプロダクションに連絡してください。

自分の判断で聞いていない内容の仕事をしてしまったら、報酬の交渉もできませんし、NGプレイをしなければいけないことになるかもしれません。

打ち合わせにも出てなかった内容の仕事を女優さんの判断でやってしまったら、女優さんにとってマイナスしかないので、これは徹底しましょう。

まとめ

女優さんにとって、お仕事を受けるところからしっかり判断していかないと、現場に流されることになります。

AV業界は、女優さんがいて成り立つ業界ですから、仕事を受けるかぎり自分の意見も主張していきましょう。最初の撮影から主張できる女優さんは少ないですが、プロダクションに相談することから初めても良いと思います。

それと、打ち合わせで決まった内容や台本を軽くみてはいけません。撮影に支障がでて女優としての価値を下げることになるので、しっかり覚えていきましょう。

おおまかな流れは説明したとおりですが、同じ流ればかりではありません。わからないことがあれば、撮影ごとに確認するクセをつけておくと、撮影を安心して行えるだけでなく、自分を守ることにもなります。

AV女優は立派な職業です。お仕事であるということは忘れずに撮影にのぞみましょう。

カテゴリー
AV女優のよくある不安・疑問

AV女優などのアダルト業界にはヤクザが関わってるの?

AV業界において、ブラックなつながりや、脅されてAVに出演させられたなどの、ウワサを聞いたことはありませんか?ヤクザと関わっていると思うだけで、危ない業界なのかもしれないと思いますよね。

実際のところ、どうなのでしょうか。今回は業界の裏側がどうなっているのかまとめました。あなたが思うAV業界とのギャップはあるのか、比べてみてください。

結論!ヤクザとの関わりはありません

結論からお伝えしてしまいますが、AV業界はヤクザと関わるような業界はありません。近年、関わりを持つだけで逮捕されたり、仕事ができなくなる世の中です。もちろん、ヤクザに脅されてAV出演を強要されるようなこともありません。

でも、ウワサはありますよね。ウワサの元は、どうやら女優さんが身バレしたときの言い訳に使っていることも大きいようです。自分から業界に入ったと、親などに言いにくいのもあるかもしれません。

裸になるAV業界と、タレントやドラマのテレビ業界で比べても、どちらもヤクザとの関わりがウワサされていますよね。知らない世界には、アンダーグラウンドなイメージを持つヤジウマが多くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。

昔は危険なイメージをもたれていたAV業界

数十年前などは、AV女優さんに黙って過激な撮影をして、口封じしていた過去もあるようです。しかし、今そんなことをすれば、すぐ逮捕につながります。女優さんを守る体制が業界にできているからです。

「AV業界」というと、どことなく怪しい業界に感じている人も多いと思います。足を踏み入れたことのない方からすれば、どのような流れで配役や撮影内容が決まっているかなんてわからないですよね。

でもAV(アダルトビデオ)も、映画も、構造は一緒です。違うのは「成人向けの内容かどうか」だけです。

AV業界に強要は必要ありません

近年のAV業界では、無理やり説得されたり、騙されて撮影されてしまうなんていうことはありません。最近ではAV女優さんが地上波のテレビに出演していることも多く、AV女優さんに憧れ自分から望んでセクシー女優になりたい女性も多くなってきていますし、少し過激な撮影内容だとしても、それにNGを出していない女優さんを配役すればいいだけなので、そもそもNGプレイを強要する必要がないのです。

強要して無理やり出演させているような素人を売りにした作品はあります。作品と実際の契約は違いますので、作品をみて怖がる必要はありません。

作品はあくまで「作品」です。タイトルに素人と書いてあってもそれもAV女優さんで、あくまで演出の一部でしかありません。

業界のウワサ話のウソ・ホント

ウワサ話というのは、AV業界に興味があればあるほど気になりますね。そこで、「プロダクションは良いことしか言わない」、「実はバックにヤクザがいる」など、みんなが気になるウワサの真偽について調べました。

AV女優がヤクザに囲われているってホント?

少し人気が出てきたり、可愛くてこれから売れそうな女優をヤクザが管理しているとウワサされていますが、それは「ウソ」です。

どうしてそんなウソが今でも話題になるかというと、これには理由があります。

管理されているというのはウソですが、実際にヤクザと交友関係がある女優さんはいます。これはAV女優に限らずどの業界にもいるのですが、特に夜遊びしていた経験がある女性に多いです。

半グレと呼ばれるような人とクラブや夜の街で出会い、仲良くなった女性に、お金目的の男性が寄ってきてしまうことがあります。仕事について口出しされたり、単価の良いハードな仕事をするように言われたりすることが、管理されていると伝わってしまうことがあるようです。

借金の肩代わりにAV出演させられた人がいるの?

これはアウトロー系映画やAVの見すぎです。親の借金の肩代わりを娘にさせるために連れて行かれ、無理やりレイプされるようなシーンもありますよね。これは、そう言ったみんなが気になるウワサをストーリーにしたら面白いと製作された「作品」です。

昔、遊郭があった時代に借金の肩代わりに売られる少女がいたことは事実です。ですが、遊郭がなくなって数十年たった今ではありえません。

ヤクザよりも怖いプロダクションがあった

プロダクションと撮影会社が結託して女優を騙し、暴行的なAV撮影が行われた過去があります。ですが、そのプロダクションは現在ありませんし、当事者も逮捕されています。

バッキービジュアルプランニング事件

AV業界で2004年に起こった最悪の事件です。AV女優にウソの撮影内容を伝え、SMや調教などのジャンルとは違い、ただの暴行が行われたり、流血させたり、女優が病んでしまうようなひどい撮影が行われ、作品として販売された事件です。

作品を見た人から問題視され、ひどい撮影をされた複数の女優からの証言で、社長をはじめ関係者が逮捕されました。

プロダクション元社長ら逮捕

グラビアタレントとして契約している女性らに、AV出演をさせたとして逮捕されています。契約内容に成人向け作品への出演があることを明記していたとして、所属タレントに出演させていました。

複数の所属タレントが事件を訴え、表面化したことで販売されることがなかったので、世の中に流出することはありませんでした。

現在のAV業界が「健全」だと言われる理由

暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)が2012年に施行されたことで、ヤクザと関わった企業も罰せられる条例などもできました。そのため、仕事ができなくなった暴力団関係のプロダクションは消えていきました。

一般社団法人日本プロダクション協会の発足

AV女優や男優の権利を守るための活動や、業界の調査などを進める団体が2017年4月に発足しました。ホームページからは、作品の販売停止申請ができたり、AV業界関係者が参加するHIV感染についての勉強会が開催されるなど、業界のクリーン化を進めています。

この団体に所属しているプロダクションは40社を超えており、業界全体が健全化を意識的に行っているといえます。

http://jpg-tokyo.com/

AV女優を目指す女性も急増中

このAV業界の健全化からか、自分からAV女優になることを目指す女性が増えています。理由は様々ですが、一般社団法人日本プロダクション協会の発足など、業界がクリーンなイメージになったことも一因です。

プロダクションとの契約は、以前に比べ内容が膨大な量になっています。こと細かく契約することで、所属することへの不信感や不安を無くすためです。内容には、プロダクションとして、派遣する仕事内容や所属した場合の禁止行為も記載されています。

女優を守るため、ヤクザとの関わりについても禁止事項とされています。最近のプロダクションは、AV出演する女優を大切に育てる仕組みになっているようです。女性の相談員がいるところや、マネージャーが仕事以外の生活面をサポートしてくれるところもあります。

ヤクザと関わりそうになっても、助けてもらえるプロダクションの存在

最初は、普通の友人として付き合っていた人でも、関係性が変わることがありますよね。ヤクザと業界は関係なくても、個人と個人の場合は気づかないうちに近い存在になっていることがあります。

一般社会にもヤクザや半グレと呼ばれる人たちは、紛れ込んでいます。もし、巻き込まれてしまって何かあってからでは、取り返しがつきません。

危ないかもしれないと思えば所属女優は相談できます。一人で抱えこまないで相談できる仕組みがあるのも、プロダクションに所属しているメリットですね!

カテゴリー
AV女優になる

AV女優に年齢制限はある?何歳から働ける?


AV女優になりたいと思う女性に年齢制限はありません。

AVは何歳からでも挑戦できますし、プロダクションに所属することもできます。しかし、18歳未満の女性は撮影ができませんので所属予定となるか、18歳になってから撮影をすることになります。

AV女優の前職は、OL・営業・接客業・風俗・飲食店など様々です。デビューした年齢が遅いから売れないということはありません。

AV女優になる最低条件は「18歳を超えていること」

AV女優になる最低条件としては、18歳を超えていることです。そしてもう一つ重要なのは、18歳でも高校在学中はAV女優になれません。プロダクションによっては、卒業式を迎えても4月1日になるまでは所属できないところもあります。

若いことを売りにしたり、幼さを演出している作品は多数あります。しかし実際の年齢がみんな18歳なわけではなく、18歳以下に見える幼い顔立ちだったり体型だったりするだけです。

プロダクションによっては、20歳以上にならないと所属できないところもあるくらいです。10代は貴重な存在であることは、間違いないので18歳でAV女優を目指している女性は、10代が所属できるプロダクションを選んでオーディションを受けてみましょう。

処女を売りにして、華々しくデビューすることも可能です。

10代の作品に多いのが、SEXを一度も経験していない状態で撮影に臨む「処女解禁」作が人気です。実際には、処女でない女優もいるようですが、自分が処女であることをオーディションでアピールするのも価値があります。

裸になる仕事ですが、役を演じる仕事なのでテレビに出ている俳優や女優と変わりません。自分の価値をすべて見せられるステキなお仕事です。

活躍しているAV女優は、20代

AV女優で一番多い年齢は20代です。人気になりやすい年齢とも言えます。演じる役柄も、体型や顔立ちによって分かれる年代です。社会で働き始める人の多い年代なので、役柄が多数演じられるようになります。

逆に、幼さを売りにして幼女系のジャンルに出演して人気になっている女優もいますね。年齢に合わせた作品というよりも、個性を売りにした作品に出演することが多いのが20代です。

OLや秘書、コスプレ系などジャンルが多数あります。

個性によってジャンルが変わってきますが、新人OLが上司と会社でSEXしてしまうものなど、実際にはありえないけれど、男性の願望をかなえる作品がAVにはあります。

体型でいえば、細身だったらコスプレ系に需要があったり、巨乳だとおっぱいをアピールする作品に出演するなど、自分の個性で出演することができます。

色気を出せるのは20代後半から

女性の色気について男性に聞くと若い女性には、若い魅力はあるけれど色気は感じないという声が多いです。年齢を重ねることで、出てくる色気もあります。

20代後半だと、結婚している女性もいますよね。そこで、人妻系のジャンルにも出演したりとジャンルがますます増えるのが20代後半からです。AV業界では、年齢よりも容姿を見られることが多いです。

作品のジャンルで必要とされる年齢が変わります。

AV作品のジャンルは、男性の願望をそのままジャンルにしているものが多いので、幅が広いです。体重100㎏を超えたAV女優も、もちろんいらっしゃいます。

「体型がよくないから」「美人じゃないから」そんなことでAV女優を諦めなくてもいいんです。処女系からおばあちゃんと孫のSEXものまで幅広くジャンルがあるので、挑戦してみる価値はあります。

若いことを売りにできるのは20代前半まで

年齢で若いとされるのは、やはり20代前半までになるでしょう。水着でキャーキャー遊ぶおばさんの作品に興味を持つ方は少ないですよね。なぜなら、現実に存在していないからです。

飲み会からそのままSEXするような流れも、現実的に20代が圧倒的に多いですよね。若いことだけを売りにするなら、20代でAVデビューをオススメします。

待ちゆく女性をモデルにしたジャンルだと20代から30代

電車やバスで痴漢されたり、買い物している姿を盗撮されていたりする作品の多くは20代から30代の女優が出演しています。30代で幼いジャンルに出演するのは至難の業だと思います。

AVは、男性の願望だったり、実際にあるシチュエーションでの非現実的な行為を作品にしています。20〜30代は、いわゆる「きれいなお姉さん」を演じられる年齢です。

40代からは熟女系やお母さん役もできます。

40代になると、出演するジャンルが変わってきます。例えば、部下役だった女優でも、課長など上司役になって若手社員から攻められるような展開の作品になります。

近親相姦などのジャンルも入ってきますし、「おとなりの奥様」系のジャンルにも40代は活躍できそうですね。40代だからAV女優として活躍できないわけではありません。

NGプレイが少ないと需要が高くなります。

NGプレイというのは「アナルSEXができない」「精子が飲めない」などで、撮影ができないプレイです。

NGにしていた大人のおもちゃを使用した作品をOKプレイにしたとします。すると「解禁!バイブで攻められ喘ぐ〇〇」など、今まで撮影していなかったプレイを売りにした作品の依頼がくるかもしれません。

AV作品はストーリーの中で必要なプレイもありますし、ジャンルによってNGだと出演できないこともあります。NGプレイは、できるだけ少ない方がプロダクションとしても内容を小出しにしてAV女優として長く活躍させてくれるかもしれません。

ハードプレイに見えるジャンルに挑戦する女優もいます。

ハードに見えるだけで、実はハードではない作品もあります。それは、AV女優の演技力があっての話しになりますが、拘束されて泣き叫ぶシーンを撮影するときに、本当に嫌で痛くて苦しいことをされて泣いているのか、演技で泣いているのかは、編集でどうにでもなります。

演技力の高い女優は、そういったジャンルにも挑戦することができます。

本当にハードなプレイを実践できる女優さんは貴重です。

実際に水責めや高速バイブ、スカトロプレイなどができる女優は、極少数しかいません。そこまでハードなプレイでも可能であれば、ライバルが少ないのでハードジャンルで人気になる確率は高くなります。体のケアや、撮影中の安全確認なども今はしっかりしているので、一生残るような傷や後遺症などを心配する必要はありません。

AV女優に年齢制限はありません。

18歳以上であれば、AV女優として何歳でも活躍できるチャンスはあります。自分に自信がなくても、プロダクションに所属してアドバイスをもらうことで自信が持てるようになったり、人に見られることを意識することで輝く女性はたくさんいます。

現在のAV女優最高年齢は81歳!

現在、AV女優の最高年齢は81歳です。需要があるから出演作品があるのです。歳をとったから、女性として魅力がないと考えるのは間違っています。男性目線であなたが気づいていない魅力を見つけられるかもしれません。

お金がほしくてAV女優になる人は少ないです。

昔は、お金がほしくてAV業界に入る女性が多かったと聞きますが、今はお金よりも必要とされたかったり、自分しかできないことに挑戦したい女性が多いです。親バレや彼バレを気にする女性も、昔より減っていますし、引退して作品を消すこともできますので、誰もができない経験をしたい女性もAV業界にはいます。

他の仕事では味わえない、お姫様待遇で仕事ができることが楽しくて続けている女優もいます。普段の自分と違う自分になれる変身願望で女優になる女性もいます。

AV女優ができる女性には魅力が詰まっています。

どんな女性にも、魅力はあります。そして輝けるチャンスがあります。年齢の上限はありませんし、自分のタイミングで始められる仕事です。普通の会社の場合、嫌な辞令でも断れませんよね。AV業界は、仕事内容も自分で選んだものをすればいいので、無理なことは言われません。

仕事なので、楽で簡単だと考えるのは甘いですが、自分の頑張りでどんどん活躍できる業界です。自分の頑張りを正当に評価してもらえることで、もっと輝く自分になれる世界です。