カテゴリー
AV女優になる

売れる有名なAV女優になるための5つのコツ

最近は、AV女優に憧れる女性の方が多く増えてきています。

明日花キララさんや天使もえさん、紗倉まなさんなど男性女性ともに人気のあるAV女優が多くいますよね。

売れる有名なAV女優になりたいけれど、どんなことをしたらいいのか解らない、どんなことが必要なのだろうかと解らない方が多くいると思います。

そこで今回は、売れている有名AV女優の人に共通している5つの内容について、お話しします。この5つのコツをしっかりと抑えれば、売れる有名AV女優に近づくことができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

コツ1:エッチが大好きな女の子

売れている有名なAV女優になるためのコツ1つめは、「エッチが大好きなこと」です。

ほぼ100%、有名AV女優はエッチが好きな女の子です。

色々なシュチュエーションのAVを撮るので、エッチが苦手な方はお仕事をするのがだんだんと嫌になってきてしまうかもしれません。

お仕事をするのであればやっぱり楽しくお仕事をしたいですよね?

エッチが大好きな女の子は、AV女優のお仕事を楽しみながらすることができます!有名AV女優になるためには、まずはエッチが大好きになりましょう!

コツ2:撮影のNG項目を少なくしていこう

売れる有名なAV女優になるためのコツ2つ目は、NG項目を少なくしていくことです。

そもそも“NG項目”ってどういうこと?と思っている方もいると思うので、簡単にご説明します。

プロダクションやメーカーとの面接を行う時には「ヒアリングシート」というアンケート用紙を記入します。

用紙に記入する内容は「名前(本名)」「AV女優での名前」「スリーサイズ」「身長」「体重」「傷跡の有無」「性的エピソード」「趣味」「性的嗜好」「特技」「性的な願望」「NG項目(メーカーなどによってはOK項目)」を書いていきます。

この中のNG項目には「アナルセックス」「スカトロ」「放尿」「SM」「レズ」など様々なシチュエーションが書かれていて、自分が出来ない内容にチェックを入れていきます。

ここでNG項目にチェックが多いと、やはりそのお仕事はできないと言うことになるので、必然的にNGにしていないモデルさんに比べると、仕事は減ってしまいます。

NG項目の内容が出来るか出来ないかによって、結果的にギャラが変わってきたり、出演の機会が増えるので、もし有名になりたい、長く続けていきたいと言う方は、徐々にNG項目を減らしていった方が良いでしょう。

NG項目を無くしていくのは勇気がいることですが、挑戦心が強いとAV業界内での評判も上がっていきますし、新たに得意なジャンルが見つかるチャンスでもあります。

ただし、NG項目を少なくするためにいきなり違うジャンルに手を出してしまうと、ファンを失ってしまうこともあります。

ファンの心を掴むためにも「NG解禁」は少しずつ、優しい項目から解禁していきましょう。

通常のプレイだけでは飽きてしまってきているファンも、「NG解禁」をすることによってより一層ファンになりますし、新しくファンになってくれる方もいます。

そのためNG解禁についてはプロダクションとメーカーに良く相談して、慎重に解禁してきましょう。

コツ3:プロ意識を持つこと

売れる有名なAV女優になるためのコツ3つ目は、プロ意識を持つことです。

いつも清潔感のある男優とお仕事をすることはありません。

作品によっては中高年の男優や、不潔感のある男優と一緒にお仕事をしなくてはいけない時、10〜20万円のギャラで様々なプレイをしなくてはいけないなど、やりたくないような仕事をしなければいけない場合も出てきます。

少し気がのらない時は、この仕事がAV女優としてのキャリアや経験を積めることができるというプロ意識を持つようにしましょう。

AV女優は、様々な作品で常に魅力的な姿を見せる「手が届かないような存在」でなければいけません。

そのため、他のお仕事と兼業することはとても難しいのが現実です。

AVを見ている男性は作品に出ている女優が、風俗などお金で買うことができる女性だとわかると風俗に行くようになってしまいます。

そうなってしまうと、AV女優としての価値が大きく下がってしまうので、AV女優としてお仕事をする場合は兼業ではなく、専業にすることをおすすめします。

また、メーカー面接や監督面接ではプロ意識を持っている女優が好かれています。売れる有名AV女優になるためには、必ずプロ意識を持つようにしてくださいね。

コツ4:キャラクターを確立しよう

売れる有名なAV女優になるためのコツ4つ目は、キャラクターを確立させることです。

AV女優になりたての頃は特技や技術を持っている人はあまりません。

では、どうやって人気になっていけば良いのだろうか心配になりますが、最初は自分にぴったりなキャラクターを演じきることが大切です。

見た目が幼く見えるのであればロリ系、すらっとした見た目であればお姉さん・秘書系など自分にぴったりなキャラクターを確立しましょう。

そして一番重要なのが、1度確立したキャラクターを一途に続けていくことです。

たまに、いつもと違うキャラクターを演じることは、ファンにとっても自分にとっても良い刺激になるので良いのですが、常に違うキャラクターを演じてしまうと、ファンが離れていってしまうので注意しましょう。

コツ5:面接などの語りを上手くする

売れる有名なAV女優になるためのコツ、最後の5つ目は、面接(営業)などの語りを上手くすることです。

面接などの語りを上手くするためには、実践あるのみです。実際に面接をして、自分なりの語りを手に入れていきましょう。

面接をするときには、コツ2でご紹介した、ヒアリングシートというアンケート用紙を記入して、質疑応答をしていくのが基本になります。

質疑応答の時は、他の誰でもない自分だけの性的なエピソードがある方が、会話としては弾みやすく好印象です。

例えば、夜の公園でヤったことがあり、誰に見つかるかわからないスリル感が良かったなど、沢山の性的な持ちネタがあれば良いのですが、最初から持っている方は多くいません。

持ちネタがなくてもしっかりと自分がやりたい内容や、質疑応答が出来れば大丈夫です。

もし、性的なエピソードや嗜好についての持ちネタがある場合は、監督やメーカーにアピールしていきましょう。

まずはメーカーや監督面接で、自分の語りが上手くなるようにコツを掴んでいくことが大切です。

売れる有名なAV女優になるために

今回「売れる有名なAV女優」になるための5つのコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

皆さんが知っている有名AV女優の方もいきなり爆発的な人気が出たからではなく、コツコツと頑張ってきたから今の姿があります。

「エッチが大好き」「NG項目を減らしていく」「プロ意識を持つ」「キャラクターを確立させる」「語り口を上手くする」ことも大事ですが、その他にも“容姿”や“タトゥー・傷跡”がないかも重要なポイントになってきます。

容姿についてはダイエットやメイクで変わることができるので、毎日自分を磨いていきましょう。

タトゥーや傷痕については、正直風俗よりもAV業界の方が厳しいです。

一昔前はギャルの需要が高かったのですが、今は清楚感のある女の子の方が需要があります。

子供の頃に作ってしまった小さな傷などはメイクで隠すことができますが、リスカ跡などの傷は隠すことが難しいのでAV女優として働ける可能性が一段と低くなってしまうので注意しましょう。

売れる有名なAV女優になるための5つのコツをしっかりと理解して、新米AV女優としての一歩を踏み出していきましょう!

カテゴリー
AV女優のよくある不安・疑問

AV女優を引退したらどうなる?作品は残る?

[st-out]https://xn--av-cu4cu8ds6nl59g.tokyo.jp/avmondai-kangaeru/
http://ccnetwork.jp/
https://erohika.com/archives/63674
http://www.jame.or.jp/shozoken/syouzoukentoha.html[/st-out]

AV業界で働く女性にとって引退後の作品がどうなるか気になりますね。これからAV業界に入ろうとする方も、すでにAV女優としてデビューしている方にも知っておいてほしい引退後、作品がどうなるかを解説します。

引退すれば、作品が自動的に消えるわけではありません。自分から「販売をやめてほしい」と意思表示をはっきりすれば、販売されることはありません。

しかし、コピー作品や違法に売買されているものなどがあることはご存知だと思います。そういったことがないように、AV業界も変わってきています。

作品については、すべて契約によって撮影内容や販売について決められています。どういったことに注意すればいいのか、みていきましょう。

気軽にAV女優になってしまう前に

気軽に業界に飛び込むことは、悪いことではありません。思いついたら即行動!それもいいです。

しかし、行動するのは良いことでも、その前に落ち着いてすることがあります。

落ち着いてすること、それは契約

AV女優さんは、事務所と契約している場合が多いです。契約とは、事務所との約束をまとめたもので、事務所とAV女優がお互いに「その内容でいいです」と合意しないと成立しません。

契約は、内容を変更することもできますし解除することもできます。すべて、お互いの合意で決められるものです。

あなたが持っているスマホの契約をするとき、最初から最後まで契約書を読みますか?多くの人は、読まないで「ここにサインしてください」と言われるがままサインしていますね。

それは、大手の会社だから読まなくても変な内容は書いていないだろうと思い込んでいませんか?

契約書にサインを書くということは、合意したことになります。読んで理解していても、理解していなくてもサインしたら合意になります。

「あとで、変えられるからそれでいい」と思っていても相手の合意がなければ変えることはできません。ですから最初の契約を落ち着いてすることは、とても大事なことです。

契約書の内容がわからないときは、その場でサインしない

AV女優として、活躍するために早くサインしたい気持ちになるでしょう。

その契約は、有効期限はいつまでですか?何本を何年で契約していますか?内容は?たくさんのことが、書かれているのが契約書です。

もしかすると「この契約に合意すれば、一生あなたは月5万円でAVに出演します」と書いてあるかもしれませんよ。

一生AV女優を月5万円でする方なら問題ないですね。契約書に書いてある内容は、プロダクションやAVメーカーからの条件です。

条件を理解して、納得してからサインしてください。あとになって「わからなかったから」「そんなつもりじゃなかった」といっても、条件が法律に問題ないかぎり、何も変わりません。

これは、AV業界だけの話ではなく、スマホの契約も同じことです。引退に関係する内容も契約書に書いているかもしれません。

引退後の作品はどうなるのか、〇〇本の出演を終えた後の販売期間はいつまでなのかなど、チェックしておく項目をあげるときりがないほどです。

もし納得できないことや、理解ができないときは、時間をおいてから考えてみてください。もちろん事務所側に、質問するのもいいでしょう。そこではっきり答えられない事務所は、頼りない感じがしますね。

業界にひそむ悪徳事務所

ニュースでも取り上げられている話題ですが。AV出演を強要されて、断ることができなくて泣き寝入りしたなど、最悪な事務所もありますね。こういった被害にあわれた方も、契約書はあります。

ですが、無理やりに脅されて、何時間も帰してもらえなくて書かされることもあるようです。自分の意志で合意した契約書でないかぎり無効です。

わからないときは、専門家に依頼しよう

例外もあります。あなたが委任した人が契約した場合です。弁護士事務所や、NPO団体などで、AV女優を守る仕組みができつつあります。

女性が不利な条件で出演しなくていいように、楽しく働けるようになる仕組みを業界でつくろうとしています。

その一つとして、委任があります。完全に信用できる弁護士に間に入ってもらい契約をします。

そうすると、あなたが理解できなかったことや、契約書になかった引退後の作品についてなども、契約に含むことができます。

出演作品はどういう仕組みで世の中にでるのか

撮影にもどういった内容なのか、販売形態などの契約が存在します。販売形態は、DVDなのかオンラインで購入できるものなのか、把握していますか?

まずは撮影をしますね、撮影したものを作品にするために編集されます。編集やタイトルなど様々な準備をしたら、やっと世の中に出せるものになります。

契約にあったとおりの流れで販売されているのか、確認しておきましょう。一度撮影したものは、編集前のものと、販売される編集後のものがあります。

悪徳だと無修正版など法律違反した陰部が加工されていないものを裏販売していることもあります。ネットで「無修正」など、検索するとたくさんでてきます。

AV女優を目指す方は、事務所がしっかり管理してくれるところを選びたいですね。

怖がらなくても大丈夫

出演した作品の売れ行きが好調なあ場合、女優さんの知名度もあがり、作品の本数も増えていきます。有名になると、撮影したいAVメーカーからどんどんオファーがきます。

事務所がしっかりしていれば、一つ一つについて、あなたに確認し、契約をしていくでしょう。

プライバシー権とパブリシティー権を理解しよう

あなた自身がもつ価値を守る権利をルールとして決めていることがあります。

プライバシー権とは、撮影された動画を勝手に使われないためのルールです。

パブリシティー権とは、出演している女優さんたちが生み出すお金のルールです。

この権利は、人前にでることを仕事にしている人たちが損をしたり、嫌な思いをしないように法律で決められてます。

なぜ、この権利を説明したかというと、引退後の作品についての権利と関係があるからです。作品がすべて消えることは、物理的にありえません。

なぜなら、DVDを購入した人の手元からDVDを奪い取ることや、サイトからダウンロード購入した人の端末から勝手にデータを消すことが、できないからです。

自分から意思表示をしよう

もし、あなたがこれ以上作品を世の中に出したくないと思った場合、事務所やAVメーカーに対して「発売しないでほしい」と意思表示をしましょう。

これは、あなたがもつ権利です。さきほどの説明からの流れになりますが、契約が関係してくることは、おわかりだと思います。

パブリシティー権を使って、販売から5年たつと販売や配信を止めてほしいと意思表示することができます。裏返せば、契約にないかぎり5年間は止められないということです。

もし、意思表示しなければ、販売や配信は止まりません。引退後も、販売した分の利益を受けたい人や、AV女優の経歴を売りにし、違う業界で働く人は、止めないほうがいいでしょう。

引退したら作品は残るが、自分の意志で止められる

AV業界は「恐い・逃げられない・泥沼」などのイメージは、なくなってきています。AV女優だからと、恥じることもないです。必要としている人がいるから、あなたが働けるのです。

AV女優さんは、18歳から60歳を超える方までいらっしゃいます。

いつ引退するかは、あなたが決めることです。しかし「明日引退する」と決めても、意味がありません。

事務所との契約内容確認や、内容の変更をして、お互いが納得して決めましょう。

引退し、新しい人生を選択するために、AV女優をしていたことを隠したいと思う人もいれば、前面にだしていく人もいるでしょう。どちらも、あなたの意思表示で決められることです。

カテゴリー
AV女優になる

AV女優のよくあるトラブルや失敗事例まとめ

[st-out]https://girl-secret.com/nakadashi/

AV女優の精神状態は危険?坂口杏里みたいにならない為の心構え6カ条

AV女優になりたくてもなれなかった彼女たちのその後


https://xn--av-cu4cu8ds6nl59g.tokyo.jp/av%E5%A5%B3%E5%84%AA%E3%81%8C%E9%81%AD%E3%81%86%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%81%AF/[/st-out]

最近AV女優のトラブルをよくネットニュースなどで見かけるようになった気がします。この業界は、少しのトラブルが大きな事件に発展してしまう、けっこう繊細な業界なんですよね。

そこで今回は、AV女優のよくあるトラブルや失敗をまとめてみました。どのように対応したらこれらのトラブルや失敗を防げるのかも解説しているので、これからAV女優になる、または現役AV女優の方はぜひ参考にしてください。

AV女優が巻き込まれやすいトラブルベスト3

AV女優になってトラブルに巻き込まれたり失敗することで、女優生命が危なくなるケースもあります。

これから稼ぐんだ!と意気込んでも、何かトラブルに巻き込まれたら元も子もありません。

まずは先輩の事例から、トラブルになりやすいことをまとめたので、1つずつみていきましょう。それぞれ対策も書いてあるので、これからAV女優を目指す方も、すでに活躍されている方もトラブルに悩まされないようにしてください。

撮影時間や内容

AV女優の一番多いトラブルとしては、撮影契約の内容と違ったことを現場で要求されトラブルになること。撮影時間や内容は、あらかじめ決められていますが、現場では、撮影の流れから内容が変わることもあります。

撮影時間が大幅に長引いてしまったり、男優との絡み回数が多くなってしまったり、ナチュラルな内容と聞いていたのに、ハードだったなどがあります。

撮影が終わってから、事務所やマネージャーに「内容が違った」と訴えて、撮影会社との間でトラブルになってしまうことがあります。

トラブルになると、同じ会社からオファーが来なくなることを恐れて女優さんが契約内容と違うことを知りながら黙っているケースもあるようです。誰にも言わず我慢していると体の負担も心の負担も大きくなって、疲れ果てて病んでしまうこともあります。

トラブルになって女優さんの得になることは一時的に出演料が増えることだけで、後についてくるのは、デメリットしかありません。

撮影時間のトラブルを回避するためのポイント

契約内容と撮影現場の差がトラブルになるとお話ししましたね。ここにトラブルをさけるヒントがあります。仕事内容は、決まってから伝えられることがほとんどです。

最初のうちは、撮影現場にマネージャーが同行してくれますが、慣れてくると女優さんだけで撮影現場に行くことが増えてきます。女優さんは、仕事の内容を説明されて現場に向かうのですが、詳細を聞いていないことがあります。自分から契約内容を詳しく聞いてから撮影に行くだけでもトラブルをさけることになります。

業界内での恋愛

撮影現場には、AV女優さんとメイクさん以外は男性ということがあります。業界内で男性と出会う場面はとても多いです。恋愛感情が芽生えてしまい、好きな男性以外とSEXすることが嫌になってしまったり、男性側から仕事をやめるように言われて困ってしまったりすると、事務所との契約が守れなくなることもあります。

もし、事務所との契約を途中解除するとなれば、違約金が発生することにもなりかねませんし、業界の男性であれば、損害賠償を迫るかもしれません。男性女性どちらにもデメリットしかありません。

業界内での恋愛のトラブルを回避するためのポイント

自分を守るための最大のポイントは、業界の男性と必要以上に仲良くしないことです。言い寄られている場合は、事務所と相談して距離をあけてもらいましょう。

恋愛をすることが悪いのではなく、AV女優としてのやる気がなくなってしまうことがトラブルのもとになります。AV女優として活躍している間は恋愛にはまることはさけて、楽しく遊ぶ程度にしておくことがトラブルにならないポイントです。

所属事務所と合わない

事務所に気に入ってもらうために、最初からハードなプレイ内容ができると言ってしまったり、報酬についてよく説明を受けないまま承諾してしまうことでトラブルが発生します。

事務所は、女優から許可がでたプレイ内容の仕事を依頼してきます。それなのに後からできないとなった場合、事務所からの信頼を失うことになり、地雷扱いされることになります。

報酬も1作品分の金額だと解釈してしまっていたら3作品分だったなど、自分が確認をしなかったことで事務所との間にミゾができてしまうことがあります。

所属事務所とのトラブルを回避するためのポイント

自分が受けられる仕事内容は何なのかを知ることが重要です。そのためには、プレイ内容がどんなことであるかわからないと選ぶことができません。事務所で実際に体験させてもらうのもいいでしょうし、他の撮影現場を見学させてもらってもいいですね。

プレイ内容も報酬も同じことですが、自分のミスを減らすことでトラブルを防止することができます。
そのためには、事務所から言われたことをメモする習慣やわからないことをそのまま放置しないことが重要です。

AV女優のよくある失敗ベスト3

AV女優さんが失敗することには、撮影時間に遅刻してしまったり内容がうまくできなかったなど撮影でのことは日々あると思います。ですが、失敗は撮影だけではないことを、先輩の体験から学んでいきましょう。

妊娠したかもしれない

現在発売されているAVは、モザイクが小さくなっていて実際に行為をしないと作品にならなくなってきています。コンドームを着用していても、破けることがあるので100%妊娠しない保証はありません。契約内容がコンドーム無し行為だった場合は、避妊することはできません。妊娠はAV女優にとって失敗です。

妊娠の失敗を起こさないためのポイント

妊娠については、低用量ピルを内服していれば99%以上の確率で避妊できることが証明されています。コンドーム着用に頼らず、自分でピルをのむ習慣をつけておくと望まない妊娠を防ぐことができます。

借金地獄に落ちてしまった

デビューが決まれば契約金などで、自分の財産が増えることになります。増えたことで生活が豊かになりブランド物の購入や引っ越しなどでお金を使うこともありますね。

AV女優は、安定した収入をいただける仕事ではなく、多い月も少ない月もあります。そこで、少ない月に支払うお金や生活するお金がなくなって借金してしまうことがあります。
多い月に返済すればなんとかなると簡単に考えていると、借金が増えるばかりで返済できなくなり、借金地獄の始まりです。

借金の失敗を起こさないためのポイント

借金をしてしまう女優は、仕事をして返済することになるので仕事のやる気につながるかもしれません。ですが、借金が収入を超えてしまったときに後悔することになります。

AV業界で仕事をしていくうちに、年収がどれくらいかわかるようになりますし、人気がでれば自分の報酬だけで十分な生活ができるようになります。最初のうちは、できるだけ生活レベルを変えないことを意識してください。

整形して仕事が減った

AV女優として売れたいからと顔の整形や豊胸、脂肪吸引などスタイルを良くしたいと考えることもあると思います。整形も時期を間違えると失敗になりますし、事務所に無断で整形することも迷惑になってしまいます。

整形の失敗を起こさないためのポイント

AV女優としてデビューする前に事務所と相談して整形するか、人気がでてから雰囲気を変えるために整形するか、どちらかのタイミングですると失敗にはならず人気の後押しになります。
整形は、ダウンタイムも考えてする必要があるので、整形を考えている段階で事務所と相談することをオススメします。

人気AV女優は、トラブルや失敗を回避しています

人気がでるには、それなりの理由があります。業界内での評判ももちろん関係しますし、スタイルの維持も人気でいるために必要なことです。

トラブルがあっても、信頼できる事務所がうまく対処してくれることで、女優さんのデメリットはなくなりますし、失敗しそうになれば事務所がセーブしてくれます。

自分で自分を管理できるとても強い心をもっている方の場合は、乗りきれるかもしれません。
しかし、普通の女の子はそんなに強くありません。だからこそ自分を見守っていてくれる存在が必要になってきます。トラブルや失敗は、仕事に直結する出来事ですので自分だけでなく周囲の人にも頼れる準備をしておきましょう。