AV女優になる

AV女優のよくあるトラブルや失敗事例まとめ

更新日:

https://swra.jp

最近AV女優のトラブルをよくネットニュースなどで見かけるようになった気がします。この業界は、少しのトラブルが大きな事件に発展してしまう、けっこう繊細な業界なんですよね。

そこで今回は、AV女優のよくあるトラブルや失敗をまとめてみました。どのように対応したらこれらのトラブルや失敗を防げるのかも解説しているので、これからAV女優になる、または現役AV女優の方はぜひ参考にしてください。

AV女優が巻き込まれやすいトラブルベスト3

AV女優になってトラブルに巻き込まれたり失敗することで、女優生命が危なくなるケースもあります。

これから稼ぐんだ!と意気込んでも、何かトラブルに巻き込まれたら元も子もありません。

まずは先輩の事例から、トラブルになりやすいことをまとめたので、1つずつみていきましょう。それぞれ対策も書いてあるので、これからAV女優を目指す方も、すでに活躍されている方もトラブルに悩まされないようにしてください。

撮影時間や内容

AV女優の一番多いトラブルとしては、撮影契約の内容と違ったことを現場で要求されトラブルになること。撮影時間や内容は、あらかじめ決められていますが、現場では、撮影の流れから内容が変わることもあります。

撮影時間が大幅に長引いてしまったり、男優との絡み回数が多くなってしまったり、ナチュラルな内容と聞いていたのに、ハードだったなどがあります。

撮影が終わってから、事務所やマネージャーに「内容が違った」と訴えて、撮影会社との間でトラブルになってしまうことがあります。

トラブルになると、同じ会社からオファーが来なくなることを恐れて女優さんが契約内容と違うことを知りながら黙っているケースもあるようです。誰にも言わず我慢していると体の負担も心の負担も大きくなって、疲れ果てて病んでしまうこともあります。

トラブルになって女優さんの得になることは一時的に出演料が増えることだけで、後についてくるのは、デメリットしかありません。

撮影時間のトラブルを回避するためのポイント

契約内容と撮影現場の差がトラブルになるとお話ししましたね。ここにトラブルをさけるヒントがあります。仕事内容は、決まってから伝えられることがほとんどです。

最初のうちは、撮影現場にマネージャーが同行してくれますが、慣れてくると女優さんだけで撮影現場に行くことが増えてきます。女優さんは、仕事の内容を説明されて現場に向かうのですが、詳細を聞いていないことがあります。自分から契約内容を詳しく聞いてから撮影に行くだけでもトラブルをさけることになります。

業界内での恋愛

撮影現場には、AV女優さんとメイクさん以外は男性ということがあります。業界内で男性と出会う場面はとても多いです。恋愛感情が芽生えてしまい、好きな男性以外とSEXすることが嫌になってしまったり、男性側から仕事をやめるように言われて困ってしまったりすると、事務所との契約が守れなくなることもあります。

もし、事務所との契約を途中解除するとなれば、違約金が発生することにもなりかねませんし、業界の男性であれば、損害賠償を迫るかもしれません。男性女性どちらにもデメリットしかありません。

業界内での恋愛のトラブルを回避するためのポイント

自分を守るための最大のポイントは、業界の男性と必要以上に仲良くしないことです。言い寄られている場合は、事務所と相談して距離をあけてもらいましょう。

恋愛をすることが悪いのではなく、AV女優としてのやる気がなくなってしまうことがトラブルのもとになります。AV女優として活躍している間は恋愛にはまることはさけて、楽しく遊ぶ程度にしておくことがトラブルにならないポイントです。

所属事務所と合わない

事務所に気に入ってもらうために、最初からハードなプレイ内容ができると言ってしまったり、報酬についてよく説明を受けないまま承諾してしまうことでトラブルが発生します。

事務所は、女優から許可がでたプレイ内容の仕事を依頼してきます。それなのに後からできないとなった場合、事務所からの信頼を失うことになり、地雷扱いされることになります。

報酬も1作品分の金額だと解釈してしまっていたら3作品分だったなど、自分が確認をしなかったことで事務所との間にミゾができてしまうことがあります。

所属事務所とのトラブルを回避するためのポイント

自分が受けられる仕事内容は何なのかを知ることが重要です。そのためには、プレイ内容がどんなことであるかわからないと選ぶことができません。事務所で実際に体験させてもらうのもいいでしょうし、他の撮影現場を見学させてもらってもいいですね。

プレイ内容も報酬も同じことですが、自分のミスを減らすことでトラブルを防止することができます。
そのためには、事務所から言われたことをメモする習慣やわからないことをそのまま放置しないことが重要です。

AV女優のよくある失敗ベスト3

AV女優さんが失敗することには、撮影時間に遅刻してしまったり内容がうまくできなかったなど撮影でのことは日々あると思います。ですが、失敗は撮影だけではないことを、先輩の体験から学んでいきましょう。

妊娠したかもしれない

現在発売されているAVは、モザイクが小さくなっていて実際に行為をしないと作品にならなくなってきています。コンドームを着用していても、破けることがあるので100%妊娠しない保証はありません。契約内容がコンドーム無し行為だった場合は、避妊することはできません。妊娠はAV女優にとって失敗です。

妊娠の失敗を起こさないためのポイント

妊娠については、低用量ピルを内服していれば99%以上の確率で避妊できることが証明されています。コンドーム着用に頼らず、自分でピルをのむ習慣をつけておくと望まない妊娠を防ぐことができます。

借金地獄に落ちてしまった

デビューが決まれば契約金などで、自分の財産が増えることになります。増えたことで生活が豊かになりブランド物の購入や引っ越しなどでお金を使うこともありますね。

AV女優は、安定した収入をいただける仕事ではなく、多い月も少ない月もあります。そこで、少ない月に支払うお金や生活するお金がなくなって借金してしまうことがあります。
多い月に返済すればなんとかなると簡単に考えていると、借金が増えるばかりで返済できなくなり、借金地獄の始まりです。

借金の失敗を起こさないためのポイント

借金をしてしまう女優は、仕事をして返済することになるので仕事のやる気につながるかもしれません。ですが、借金が収入を超えてしまったときに後悔することになります。

AV業界で仕事をしていくうちに、年収がどれくらいかわかるようになりますし、人気がでれば自分の報酬だけで十分な生活ができるようになります。最初のうちは、できるだけ生活レベルを変えないことを意識してください。

整形して仕事が減った

AV女優として売れたいからと顔の整形や豊胸、脂肪吸引などスタイルを良くしたいと考えることもあると思います。整形も時期を間違えると失敗になりますし、事務所に無断で整形することも迷惑になってしまいます。

整形の失敗を起こさないためのポイント

AV女優としてデビューする前に事務所と相談して整形するか、人気がでてから雰囲気を変えるために整形するか、どちらかのタイミングですると失敗にはならず人気の後押しになります。
整形は、ダウンタイムも考えてする必要があるので、整形を考えている段階で事務所と相談することをオススメします。

人気AV女優は、トラブルや失敗を回避しています

人気がでるには、それなりの理由があります。業界内での評判ももちろん関係しますし、スタイルの維持も人気でいるために必要なことです。

トラブルがあっても、信頼できる事務所がうまく対処してくれることで、女優さんのデメリットはなくなりますし、失敗しそうになれば事務所がセーブしてくれます。

自分で自分を管理できるとても強い心をもっている方の場合は、乗りきれるかもしれません。
しかし、普通の女の子はそんなに強くありません。だからこそ自分を見守っていてくれる存在が必要になってきます。トラブルや失敗は、仕事に直結する出来事ですので自分だけでなく周囲の人にも頼れる準備をしておきましょう。

-AV女優になる

Copyright© 「SWRA-スーラ-」AV女優のお悩み解決サイト , 2020 All Rights Reserved.