カテゴリー
AV女優のお仕事について

AV女優のSMプレイ(ソフトSM)お仕事を受ける前の心構え

AVの人気ジャンルの1つが「SM」。皆さんはこの「SM」ってどんなプレイを想像しますか?

ほとんどの方は「痛い」や「苦しい」などのイメージが強いかもしれませんが、「ソフトSM」や「ハードSM」など幅がとても広いです。

これからAV女優になりたいと思っている方は、SMがNG項目の中にも含まれているので、ソフトとハードではどんな違いがあるのかも簡単に理解しておくといいですね。

そこで今回は、「SM」のお仕事を受ける際に前もって知っておきたいことや心構えについて話してみたいと思います。

「ソフトSM」っていったい何?

ソフト、という名称がついているだけあって、女の子にとって負担の少ないプレイがメインです。

例えば、手足を縛ったり首絞め、言葉責め、場合によってはムチなどのアイテムも含まれてくるかもしれませんが、SM専用のアイテムって、案外痛くないようにちゃんとできています。

バラムチとかにしても、見た目と音はけっこう激しいですが、あれ案外ほとんど痛みないです。縛る縄とかも同様に、女の子に負担が少ないようにちゃんとできてるんですよね。

個人的には「本格的な縄よりタオルとかで手足縛ったり目隠ししたりのほうが興奮する…」というお話もよく聞きます。つまり、「雰囲気」です。「女の子を従順にさせて好きにする」そんな男性の理想を叶えるのがソフトSMなのかな、と思います。

そもそも「ソフトSMの『S』はサービスの『S』」

「サド」の「S」だけの固定観念とは違う一面。ソフトSMを好む男性のほとんどは、女の子が気持ちよくなって感じているところを見たいんです。

そういう意味では、アイテムは使ったりしますが男性なりの女の子への「サービス」。本当に痛い思いや苦しい思いをさせたりしたいわけではないです。通常のSEXを一段と盛り上げるための「演出」の1つです。

それじゃあ、ハードSMって?

同じ「SM」とはいえ、「ソフト」と「ハード」では全然違います。

例えば縛るにしても手足を縛って、とかの「ソフト」とは違い、完全に動けないくらいの縛り方をしたりします。「亀甲縛り」とかがメジャーですね。

あとはロウソクを使ってのプレイ。SMで使うロウソクって、普通のロウソクと違って低温でロウを流せるようには作ってあります。それでも身体に軽い火傷などはあるかもしれません。

そして「宙吊りプレイ」。女の子が吊るされた状態になって責められるプレイです。乳首やクリトリスにピアスを開けるプレイなどもありますが、これらは身体に傷も残ってしまうのでAVの世界で頻繁にオファーが来るものではないのかな、と。

「ソフト」とは違って「ハード」となると、実際身体を傷めてしまうことが多いです。ただ、そういった濃いプレイを望む女の子もいるので、SMの世界って奥深いな…と感じます。

ハードSMってなると怖いんだけどどうしよう…

AVのお仕事としての「SM」は断然ソフトプレイが多いですし、無理に「ハード」に挑むと身体だけではなく心に傷を負ってしまうこともあるので、無理をする必要は一切ないと思います。

「ハード」をNG項目にしても、お仕事上何の問題もないですし強要されることもないので、自分のやれる範囲」はしっかり守りましょう。

「SM」のお仕事を受ける際に抑えておきたいポイント。

いざ、初めてSMのお仕事を受けるとき、やっぱり「本当に大丈夫…?」など不安もあると思います。ここでいくつかのチェックポイント。

撮影の一連の流れは最初にきちんと聞いておきましょう。

いざスケジュールを合わせて撮影に行ったけれど、よく流れがわからないままだと尚更不安になるものです。AVのお仕事ではきちんと「シナリオ」がありますから、先に一連の流れをチェックしましょう。そこで不安になったことなどあれば、マネージャー含めプロダクションの方にしっかり確認してみてください。

ほとんどの不安はそこで解消されると思いますが、それでも「やっぱりこれだけは私には無理かも…」そう思う部分があれば素直に伝えてみてください。「できない」ことを強要される世界ではありません。

使うアイテムは自分の手と目でしっかりチェックしましょう。

初めてのSMのお仕事、となると、見たこともない設備やアイテムを目にすることもあると思います。そうなると「少し怖いな…」って気持ちにもなってしまいますよね。

SM専門のラブホテルがいくつも存在する場所もあります。撮影ではほぼセットだとは思いますが、そういう少し特殊なホテルの一室を使うこともあるかもしれません。そういったときの不安解消の1ばんの方法は、「自分でチェックすること」だとわたしは思っています。

たとえばムチだけでもいろんな種類があったりして、わたしは強弱つけてスタッフさんぺちぺちしてみて「…痛いです?」って確かめたことさえありました(笑)女の子の「不安」はそのまま撮影現場の「雰囲気」に繋がるので、そのくらいラフな感覚でいいのかな、と思ったりするんです。

それでも「やっぱ無理!!」って思ったら即座にSOS。

事前チェックを入念にしても、実際の撮影、プレイ中にイレギュラーが起こることもありえます。もちろんスタッフさんもプロなのでほとんどないイレギュラーではありますが、仮にそんなことが起こってしまったら、即座にSOS出しましょう。

「なんか思ってたより苦しい…」「ちょっと具合悪くなったかも…」そんなときのために最初にわかりやすいSOSサイン決めておくのもいいかもしれないです。

まとめると。

AVの世界での「SM」って怖いものじゃないです。

たとえば個人的な間柄での「SMプレイ」には、多少なりとも「リスク」や「危険」があるのも否めないです。ですがあくまで「AVの世界」での「SMプレイ」なので、お相手となる男優さんも最大限の配慮はしてくださいますし、撮影スタッフの方々もプロ集団です。

女の子が必要以上に「痛い」「苦しい」そしてもっと言えば「病む」ことに繋がるようなことはしません。そのためにも、普段からプロダクションとの連携を密にして不安材料は取り除いておきましょうね。

カテゴリー
AV女優のよくある不安・疑問

「ごっくん」ってしすぎるとヤバい?病気のリスクは?

AVのシチュエーションで多いものの1つが「ごっくん」今回はその「ごっくん」について少し追及してみようと思います。

可愛らしい響きの「ごっくん」。この「ごっくん」というのは、男性が射精した精液をその響きのとおり「ごっくん」と飲み込む行為のことです。

よくAVの作品の中で、女優さんが美味しそうに飲み込んでいたり、時には「ごっくん」そのものがメインテーマとなっている作品もあるので、目にしたことがある人も少なくないのかもしれません。

「ごっくん」することで身体への影響はないの?

身体への影響、これはとても気になるところだと思います。一時期、「ごっくんすると肌が綺麗になる」「ごっくんは美容にとてもいい」など噂になりました。

というのも、精液というのは主に「タンパク質」でできているので「精液イコール上質なタンパク質」という理論のようです。プレイ中、またはフェラのあとそのまま「ごっくん」されたい、という男性も多いので、「ごっくん」はとても身体にも肌にもいいんだよ!! という、ある意味イメージ戦略だとも思えますが。

じゃあ実際には身体にどうなの?

理屈で言ってしまえば、精液を形成するものの多くが「タンパク質」ですので、食事から摂る栄養素と同じように消化、吸収されます。タンパク質を摂る、ってところだけに特化すると一般の食事のほうがタンパク質は多く摂れるので、精液が「上質なタンパク質」というのはやはりイメージ戦略のようなものなのかもしれません。

ただ、食事と同じように消化、吸収するということは、身体にとって少なくとも害はないということは言えます。害はないとはいえ体質によっては体調不良をおこすこともあるので、そこは自分の身体の声をしっかり聞いてあげてください。

実はこんなメリットも

「ごっくん」することによって、数種類の幸せホルモンが分泌されると言われています。主にオキシトシやエンドルフィン、セロトニンなど。これらは気持ちが満たされたときに分泌されるので「ごっくん」だけではなく、「大好きな人とのセックス」や「いちゃいちゃハグ」でも同様です。

この幸せホルモンが出ることによって女の子が綺麗になったり元気になったり、そういうことは実際にありますから、「ごっくん」ってとても身体にいいんだよ!!と言われてる由来の1つはこの幸せホルモンのことなのかもしれません。

「ごっくん」のデメリット

「ごっくん」してもらって喜ばない男性は稀なので大好きな人にはしてあげたい、という気持ちになるとは思いますが、やはりデメリットもあります。

性病の感染リスクはある

フェラからの「ごっくん」や「お掃除フェラ」これには性病感染のリスクがあります。挿れてないから大丈夫、ではなくて、オーラルセックスだけでも感染の可能性はありますし、同様に「ごっくん」でも性病に感染している男性の精液ですと感染の可能性があります。

口の中の粘膜に傷がついていたり、虫歯があったりすると尚更可能性が高くなるのでそこには注意です。

じゃあどうすれば性病にならずにすむの?

性病のリスクは様々なところに潜んでいます。でも、当然なりたくはないですよね。特定の恋人とだけセックスをしていてお互い浮気などしていなければ、可能性はかなり低いところでいられますが、お仕事として考えるとヘルスやソープで性病をうつされることは残念ながら多々あります。

極端に言えば、「性病検査していない不特定多数を接客する」とシステムの中では、どこかのタイミングで性病にかかったことのある女の子の割合はけっこう多いと思います。そういう意味でも、やはり女の子も相手の男優さんもきっちり性病検査を受けているAVのお仕事が1番「安心、安全」だということに繋がります。

でも、性病検査って怖いよね…

「不安を消したくて性病検査に行きたいけど、やっぱり怖い…」こう思っている女の子も多いと思います。お店が性病検査を義務づけているところもありますが、検査して結果を待つまでの時間の落ち着かなさ…。

そこで、1つおススメしたい方法があります。一般の婦人科でも性病検査はできますが、できることなら「風俗街」にあるクリニックを探しましょう。例えば東京だとしたら「吉原」周辺ですが、性病検査メインのクリニックってけっこうあります。

そういうクリニックですと、風俗のお仕事をしている女の子しかほぼ来ないですし、何よりのメリットとしては、万が一なんらかの性病に感染してしまっていたとしても、1日や2日点滴打つだけで治せます。

通常、服薬だけですと治るまでけっこう時間かかるので、もうその時間はストレスフルです。それらを考えると、不安から万が一のことまで考えて全てを最適化すると「風俗街」にあるクリニックはおススメできます。

恒例の余談ですが…

「なんとなくわかったけれど、やっぱり「ごっくん」には抵抗がある…。」そう思うのも無理もないとは思うのですが、AVに特化してお話するのであれば、「ごっくん」というよりは、「あたかもごっくんしているように見える演技と演出」です。

つまり本当に「ごっくん」していることはほぼありえないです。シチュエーションが多いだけに、「やっぱり「ごっくん」できなきゃダメなのかな…」なんていう心配はしなくて大丈夫です★

まとめると

「ごっくん」することで身体に害があることはありません。ですが、性病のリスクは少なからずあります。では、それをどうやって回避するか、ということになりますが、風俗のお仕事に関しては不特定多数のお客さまの接客をするお仕事はハイリスク。

だとしたら、女の子自身もその相手となる男性も性病検査を受けて完全にホワイトの状態でお仕事できるのは、やっぱりAVのお仕事なのかなと思います。

風俗業そのものが、「究極の接客業」と言われたりしています。私もそれは間違いではないと思います。だとしたら、AVのお仕事は「至極のサービス業」とも言えますね。

カテゴリー
AV女優のよくある不安・疑問

AV女優の中出しプレイって妊娠のリスクはないの?

AVを観てると多いのが「中出しプレイ(なかだしプレイ)」
これっていろいろ気になると思います。妊娠しないかですとか、避妊具を使わないことで性病にならないのか、とか。

AVはもう1つの架空世界

まず、認識しておいてほしいのが、「AV」というのは「作品」です。不特定多数の人に観てもらえる「世界」を作るもの。こう考えるとリアルの生活から切り離しやすくて、メンタルにも優しいのではないでしょうか。「AV女優」というだけあって女優としてのお仕事をしているのですから、ドラマや舞台のお芝居と代わりはないです。

妊娠することは本当にないの?

お仕事の中、お芝居の中で妊娠することがあるかと言われると、答えは「NO」です。
お仕事をしていて妊娠してしまうと困るのは女の子だけではなくてプロダクションや相手の男優さんも同じですから、そのあたりの対策は万全だと考えていいと思います。そもそも、「中出しプレイ」を演出しているのであって、実際に「中出し」しているわけではありません。

あたかも本当に中出ししているように見えるAVは、カメラマン、編集さんをはじめ、プロのスタッフさんたちによって作り上げられています。妊娠しないの…?と不安になってしまうほどのクオリティを作りあげるスタッフさんたち、さすがですね。

妊娠もだけど性病も心配…。

性病に関しても、なって困るのは女の子だけじゃないです。
たとえば1人性病にかかっていたとしたらそこからいくらでも広がる可能性がありますから、そういった可能性があると不安になると思います。
AV業界だって、そんなリスクを抱えたくないのは同じです。AVに携わる女優さん、男優さん、しっかりとした性病検査を受けてお仕事していますし、1度検査して終わり、ではなく、こまめに検査することでリスクは断ち切られています。

ヘルスやソープなどと比べてもAVは本当にノーリスク。

AV女優になろう、なりたい、と思っている女の子の中には、他の風俗のお仕事を経験している子も多いかもしれませんが、たとえばヘルスで本番強要された上に生、中出し、とか笑えないです。本番を前提としてのソープでも、最近はNS(ノースキン)のお店がとても増えています。そうなると、いくら女の子が徹底して性病管理していても、どのお客様から移されるかわからない、というのが現実。
そんなリスクは背負いたくないのが当然です。そういった視点から考えても、本当にAVのお仕事は安心できると思います。

思っているよりずっとずっと安心で安全。

繰り返しになりますが、AV女優のお仕事は思っている以上にクリーンで守られているお仕事です。とはいえ、わたしもAV女優への第一歩を踏み出すまでは不安なこともたくさんありました。
ですが、実際になってみると、「あれだけ不安だったのは何だったんだろう」と拍子抜けするくらいの明るい世界でした。

どうしてもイメージ先行の世界ではありますが、プロダクションをしっかり選ぶことで最適な環境でお仕事することができるので、あまり怖がらずに「AVの世界」を体感してみてほしいです。

余談ですが…。

男性たちの中で圧倒的に支持の高い「中出しプレイ」
これ、中出しすることによって男としてその女の子を征服したような気持ちになれたり、承認欲求を満たせたり、心理面での作用が大きいみたいです。

リアルでそれをしちゃうと何かと問題になりますが、妊娠の心配も性病のリスクもないAVの世界だからこそ、そのちょっと小悪魔的な中出しプレイを演じて人気も収入も割り増ししちゃいましょ♪

カテゴリー
AV女優になる AV女優のお仕事について

経験者が伝える!AVプロダクション選びのコツと面接のポイント

いざAV女優になりたい!!と、決意したとき、最初に悩むのはプロダクション選びだと思います。

ひとくくりに「AV業界」と言っても、プロダクションの数って本当にいっぱいあるので、最初のプロダクション選びは1番重要なところになってきます。

そこで、これからAV女優になるという方がプロダクション選びで失敗しないために、今回はわたしなりの体験談を交えてポイントをお話していきます。

求人誌や求人サイトの情報は本当?

風俗のお仕事をしていたり探していたりすると、ナイトワーク専用の求人誌や求人サイトを見たりすると思います。最近は登録しておけばお店やサイトのほうからスカウトが届くサイトやアプリもあります。

こういった求人誌、サイト、アプリ系のものを上手に使いたいのですが、「AV」や「プロダクション」というカテゴリで絞り込んだだけでもけっこうな数のプロダクションが出てきますよね。

年齢等、大まかな条件や内容はだいたい書いてあるのですが、なんせ多数ある中から選ぶのって本当に迷っちゃいます。

まず最初の注意点

ここでわたしから言えることは、『誇大広告に騙されるな』これに尽きます。条件、待遇、どれだけ良いことを並べてあっても実際にそのとおりになることは、あまりないです。

それでもやっぱりメリットは多い

ですが、頑張り次第でその条件以上を達成することもできちゃう、それがAVの世界なんです。

頑張れば実力は必ず付いてきます。それをしっかりプロダクションも認めてくれますから、頑張れば頑張っただけの結果はしっかり実感できると思います。

最初は不安も大きいかもしれないですが、「頑張ったぶんがそのまま結果につながる」っていうのは、「やる気」だけではなく「自信」jにもつながります。

よく言われる「褒められると伸びる」これを上手に自分のメンタルコントロールに入れていけば、頑張った結果を認めてもらえたときの気持ちって「快感」とも言えるくらい!!

よく書いてある所属祝い金って?

だいたいのプロダクションの募集ページに書いてある「所属祝い金」これ、魅力的な数字が具体的に書いてあります。少なくても10万円、多いところだと100万円などと書いてあるところもあります。

うん、かなり魅力的ですよね…

面接を通過して所属するだけで、少なくても10万円が手に入るとなると惹かれるのも当然です。当然なんですが、いくらAV業界とはいえ「ただ所属を決めるだけで10万円の所属祝い金がもらえる」そこには正直あまり期待しないでください。

「期待しないで」ってどういうこと?

プロダクション側も嘘で書いてるわけじゃないんです。じゃあなぜわたしが「あまり期待しないで」と言うのか。そこにはかなり厳しめの条件が付いてきちゃうからです。

例えば、「最初からかなりのルックスやテクニックがあって単体女優として充分にやっていける」ですとか、そのうえ「NGプレイ一切なしでどんな要望にも完全に応えられる」などです。

「単体としてのお仕事を〇本こなしたら支給します」というところもあります。他のプロダクションからの移籍でそれなりに実績のある女の子だったら不可能なこともないのですが、初めて「AV女優になろう!!」としてる女の子には厳しい条件がほとんどです。

なので、最初からそれに期待しないほうがいいというのがわたしの本音です。

所属祝い金を受け取れることはちゃんとあります

所属して祝い金をもらったはいいけれどお仕事をすることなく辞めてしまう可能性なども考えたら、それなりの条件が付随するのもわからなくはないです。

特に所属祝い金が50万円や100万円、と大きな数字で書かれているところは逆に要注意です。それだけしてでもとにかく女の子を集めないといけない、というプロダクションが多いので、他のプロダクションと比べたら、結局祝い金はもらえない、仕事内容はあまりにハードでやっていけない。そんな可能性が高いということになっちゃいます。

ただ、所属祝い金に関しては「嘘」ではなくて「頑張り次第」という認識を持っていてください。支給される可能性がないわけではないんです。

スカウトって信用していいの?

繁華街を歩いていて、スカウトの人から「君、AVのお仕事とか興味ない?」と声をかけられることもあります。柔らかく誘ってくるスカウトもいますが、いきなり「ホストに売掛とかない?」「担当にもっと使いたくない?」なども実際ありました。

まぁ、わたしの経験からして確かに風俗のお仕事をしている女の子でホストクラブに通っている女の子の割合は高かったですが、もちろんそれだけではないので、いきなり声かけられて「AVやってみない?」だとびっくりしますよね。

「スカウト」は見極めと使い方次第

スカウトも本当に人それぞれなので一概に良いとか悪いとか言えないんですが、彼らも「スカウト」というお仕事ですから、実際にスカウトを通してお仕事もらったはいいけどギャラの何割かはスカウトの手に渡ることになります。

そうなると、簡単に言うとあなたがお仕事で頑張ったぶんのギャラが少なくなる、ということです。中には良心的なスカウトで、所属するまで手伝ってプロダクションから報酬を受け取ったら、あとは女の子に全部託しつつもいろんな相談に乗ってくれるスカウトもいますが、基本的にあまりスカウトはおススメはできないかな、と思ってしまいます。

ですが、プロダクションのスタッフさんが直接スカウトに出ている場合もありますので、「スカウト」ってだけで敬遠せず、とりあえず軽い話から聞いてみるのも1つの手段ではありますが。

ちょっとこのパターンは要注意!!

あえて、これだけは辞めておいたほうがいい、とわたしから警告しておきたいのは、もし、あなたがホストクラブに通っていたとして、担当もしくはお店の他のキャストから、「ねぇ、AVやってみない? 俺、いいスカウト知ってるから紹介してあげるし!!」このパターンです。

ホストの担当がお店がどうこうはとりあえず置いておいたにしても、本当に良いプロダクションを紹介してもらえる可能性って低いですし、さっきもスカウトに何割か渡るというお話をしましたがそれがさらに「ホスト」「スカウト」の両方の手に渡ることになるので…。

結果的にせっかくお仕事頑張ってもあなたの手元に入ってくるギャラは相当減ってしまうということになってしまいます。もし自力でプロダクションを探すのではなくスカウトを通す場合は、よく相手の話を聞いて判断してください。

余談ですがわたしの体験としては

デメリットもいろいろ書いてしまいましたが、実はわたしはけっこう「スカウト」ってお世話になっていました。AVだけじゃなく他の風俗店で働く際にも、「条件交渉」を代わりにしてくれたりしていたんです。

具体的には、1日の最低保証金額ですとか自分ではちょっと言いづらいお店へのお願いもしっかり伝えてくれます。彼らも誰彼構わず声をかけているわけではないので、「ちょっとわたしって見染められた?」という考え方もアリです。

AV女優になれる条件ってあるの?

AV女優になれる条件、気になりますよね。

  • 「あまり容姿に自信がない」
  • 「男性経験が少ない」
  • 「地方に住んでいる」
  • 「年齢的に…」

などなど。これに関しても、もう、一言で言ってしまいます。それは『あなたのやる気次第』です。

実は「やる気」さえ持っていれば実は大抵のことは問題にならない

ルックスに関してはメイクさんやスタイリストさんなどスタッフがプロの技であなたを1番輝かせる方法に導いてくれますし、経験が少なくてテクニックがなくても、しっかりと丁寧に指導してくれます。むしろその初々しさを自分の売りにすることだって可能です。

地方在住でも、意外にプロダクションって各地に事務所があったりしますし、都内に出向いて撮影したり、逆に都内から地方のほうに撮影に行ったりすることもあって、交通費なども支給される場合がほとんどですから、そこまで場所は気にしなくていいのかな、と。

とは言ってもどうしても気になる自分のスペック、それ、活かせます

「そうは言うけど…」そう迷う気持ちもわかります。コンプレックスがあったり、「AVのお仕事はしたいけど私に需要ある?」などとネガティブなことを考えることもあると思います。ですが、そういったセンシティブな部分も「個性」として、むしろ「ウリ」にしてくれるのがAVのお仕事なんです。

たとえば年齢に関してですが、たとえば一般的な風俗店でも、若い女の子だけを集めているお店もありますし、逆にある程度の落ち着いた年齢の女性を採用して熟女店ならではのコンセプトのお店もあります。

AVにそこまで詳しくなくても、「Hな人妻が…」ですとか「〇〇君のお母さんと…」などのタイトルだけでも見たことありませんか? そう考えると年齢って案外幅広いんです。

男性にもそれぞれ好みがあるように、多種多様のニーズがあるのがAVの世界です。ですので、自分に合ったプロダクションをしっかり選ぶことができれば、そのあたりの心配はほとんどないです。

面接ってどういうこと聞かれるの?

いろいろなこと聞かれるのはなんとなくわかるけれど、最初はやっぱり不安なものです。実際に面接の日程は決めたものの、「何を聞かれるんだろう」「準備しておくものは?」など、考えては不安になってしまうこともあると思います。

たいていのプロダクションは、「履歴書不要」と書いてあるのですが、これはプロダクション側が面接の際に記入してもらう用紙を準備しているからです。

わたしは履歴書不要とあっても、イメージアップのために履歴書持参していましたが、目を通してもらえる確率は50/50でした。それでも、やる気を見せる小道具の1つのような感じであえて履歴書を持参することはマイナスにはならないと思います。

準備されている記入用紙の概要

では、いざ面接のときには何を記入したり何を聞かれたりするのか。これは名前や年齢などの本人確認など基本的なものから、これまでの男性経験、風俗経験、得意なプレイやNGプレイなど、とにかく細かく準備されている用紙に記入をします。彼氏はいるのか、などというプライベートな質問もあったりします。

記入していくうえでわからない用語なども出てくるかもしれないですが、それは面接担当の方に確認しても全く問題ないです。面接担当者も、女の子への配慮で女性スタッフが対応してくれるときもありますし、一方、社長自ら、というプロダクションもあります。社長ではなくてもそれなりの上の役職の方が面接から関わってくることも珍しくはないのかなと思います。

主な面接の流れってどんな感じ?

流れとしては、最初に用意されていた用紙に記入した情報を元に、もっと詳しいことを聞かれていく感じでしょうか。

慣れていないと、緊張があったり、そんなこと聞くの?と思うこともあるかもしれないですが、そこはあくまで「お仕事」と割り切ることが必要になってきます。

面接担当者も「お仕事」なので、必要以上に恥ずかしがる必要もないですし、むしろここでいろんなことを素直に話すことが大切なのかな、と思います。採用されることだけを考えて無茶な返答をし、あとあとやっぱりこのプレイ無理だ…などとなったら自分が辛いですから。

知り合いにバレるのは絶対避けたいんだけど…

それでも家族や恋人、友人知人にはバレたくないという気持ちは大抵の女の子が持っている不安だと思います。顔バレ、身バレ防止の対策に関しても面接で聞いて大丈夫です。そのプロダクションがどんな方法をとっているのか教えてくれます。

たとえば、完全モザイク処理ですとか、メイクなどでわからないようにするですとか、方法はたくさんあります。ただ、やはり完全顔出しNGにしてしまうとそれだけお仕事取りづらくなってしまうのは事実なので、「顔バレしたくはないです」「身バレ怖いです」をしっかり伝えれば、プロダクションとしても出来る限りの技術を使ってあなたのリスクを減らす方法を考えてくれるはずです。

こういうケースもあるので要注意

注意点としては、この面接の段階で美容整形を勧めてくるプロダクションがあります。この場合、ほとんどの場合は美容整形のクリニック等と提携していて紹介料をもらう、などが目的で、個人的には良いプロダクションという判断はできないです。

美容整形にも相当なお金がかかります。お金を稼ぎたくてAVのお仕事をするのに、その前から高い整形費用をかけなきゃいけないなんてしんどいですよね。その上、仮に言われたとおり紹介されたクリニックで整形したとして、その後きちんとしたお仕事をコンスタントにもらえる確率は低いので要注意。

なんだかおかしいな、と思ったら、面接交通費だけもらってさくっと次を探したほうが◎。所属祝い金と違って、面接交通費は実際にほとんどのプロダクションが支給してくれます。相当な交通費がかかる遠方からの面接の場合は、前もってプロダクションによく相談しましょう。

まとめると。

プロダクション選びは本当に大切です。ここでまず躓いてしまうと、あなたがいくら頑張ろうと思っても結果に繋げることができず、ずっとお仕事をもらえず、結局次のプロダクションを探して…という面接難民になってしまいます。

それを避けるためにも、ある程度日程にもゆとりを持って、それなりの数の面接に行く覚悟を持っていて欲しいです。あなたの魅力を最大限に引き出してくれるプロダクションに出会えるまで、根気も必要かもしれませんが、ここで妥協せずに最初の「頑張り」を見せてください。

本当に良いプロダクションであれば、その「頑張り」を無駄にすることもないですし、きちんとしたクリアなお仕事をさせてもらえます。もちろん、それがそのまま稼ぎにも繋がるわけです。良い、悪い、だけではなく「相性」もあるので、「時間と気持ちにゆとりを持ちつつ慎重に」これが大事なのではないでしょうか。

あなたを最高に輝かせてくれるプロダクションと出会えることを祈っています★

カテゴリー
AV女優のお仕事について

AV女優のお仕事内容ってどんなものがあるの?

[st-out]https://xn--av-cu4cu8ds6nl59g.tokyo.jp/kasegenai1/
https://xn--av-cu4cu8ds6nl59g.tokyo.jp/%e9%ab%98%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b/[/st-out]

女性でAV業界のお仕事に詳しかったり、仕組みを知っている人って少ないですよね。でも、キレイなAV女優さんがインスタなどのSNSで発信する内容を見ていると「私も真似したい!」と思う人もいるはず…

AV女優というお仕事は、女優さん自身がどんなお仕事(撮影)をするか選択して決めます。まずはどのくらい稼ぎたいかによって働き方を決めて、メーカーに営業に行き撮影内容を決めていきます。

ここでは、そんなAV女優さんの働き方、どんな撮影をするのか、その撮影の内容や種類などをまとめました。「AV女優には興味があるけどどんな仕事をするのか不安…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

AV女優の種類

活躍している女優は、大きく3つに分けられます。

・企画
・企画単体
・単体

それぞれ働き方や仕事の受け方が違います。この3つは、撮影内容や売り出し方、メーカーとの契約形態が違います。

AV女優になる理由が「稼ぎたい!」という方が多いと思いますが、1本の単価が一番高いのは、「単体女優」です。しかし、月収でいうと企画単体女優の方が多いケースもあります。企画女優は、アルバイト感覚だったり、名前を出さずに出演している女優だったりします。

それぞれが、どういった仕事内容なのか、わかりやすく説明していきます。

企画

AV女優人口で一番多いのが「企画女優」です。その理由は、必要とされるジャンルが多数あることと、複数人の女優で作るので、オファーがもらいやすいからです。

メーカーとの契約は作品1本単位なので、1回出演していくらという感じでお仕事をします。なかには数時間の撮影で終わるお仕事もあるんです。もちろんお給料も普通のバイトには比にならないくらいもらえます!すごい魅力的ですよね。他に仕事をしていて、空いている時間を利用して出演している女優もたくさんいます。

企画単体

「企画単体」とは、1本の作品に女優1人が出演するAV作品です。基本的には、単体女優がメーカーとの契約を終えたあとに「企画単体」になります。

未経験の状態から企画単体レベルのオファーをもらうためには、何かに特化した個性が必要です。ルックスはもちろん、おっぱいの大きさ、柔軟な体位ができる、撮影NGが少ないなどです。

最近ではAV女優になりたい女性が増えているので競争率が上がってきてはいますが、自分だけの特徴を持っていると、企画単体女優としてデビューすることもできるかもしれません。

どんなプレイでも撮影できる女優の場合、撮影の企画とマッチすることが多くなるので、それだけ出演できるチャンスがある作品が多くなり、収入も増えていきます。実際、単体女優よりも稼いでいる企画単体女優もいます。

単体

「単体女優」は、メーカーとの専属契約をしている女優のことをいいます。専属契約すると、その契約期間中はメーカー以外の作品に出演することができません。

しかし、最初の契約で決めた期間の収入は保証されます。1本いくらで何本と言った形態で契約します。1本100万だとしたら、5本撮影で500万円!!1本300万というギャラもあるとか…夢がありますよね。

基本的には契約期間が終了すれば、企画単体になっていくのですが、作品の人気度合いなどによっては、契約期間が終了する前に継続契約できる場合もあります。

撮影内容

ここからは、AV作品には様々なジャンルがるのですが、その中でも新人のAV女優さんがOKできそうなプレイをいくつかあげてみます。

撮影するジャンルやNGを少なくしてOKプレイを増やすことで、撮影のオファーがもらえるチャンスが増えます。ワード的になんとなく恐そうな内容だったとしても、簡単な撮影内容もあるんです。プロダクションのマネージャーであればどんな内容でどんな撮影をするのか教えてくれるので聞いてみてくださいね。

はめ撮り

これは、SEXをする2人をカメラマンが撮影するのではなく、男優目線で撮影する撮り方です。AV作品を見ている男性が、あなたとSEXしているような疑似体験ができる目線になります。

男性はSEXするときに、ちょっと生々しいですが性器のピストンを見たり、あなたの表情を見たりしますよね。それを、カメラマンではなく男優自身が撮影するという、女性側に負担のない簡単なプレイです。

最近ではVRという360度撮影できるカメラもあって、VRで撮影すると、男性は作品の中に入り込んで観賞できるので人気が出ています。

ソフトSM

ソフトSMで代表的なのが、目隠しや手錠です。恥ずかしいことを質問され、言葉を詰まらせながらも答えるというような言葉攻めもソフトSMになります。

手錠をされ、バイブを入れられながらフェラチオをする撮影などもソフトSMに入ります。ハードSMとの違いは、痛みや跡が残るようなことがないところです。女優のいつもより恥ずかしがる姿を見れるため、ソフトSMはなかなか人気があります。一般的な撮影の中で組み込まれているケースが多いです。

基本的には体力の消耗が激しいような撮影はしません。あなたの恥ずかしがりながらもイヤらしく乱れる姿を撮影するために、少し小道具を使う程度と考えてください。

複数プレイ

複数プレイは、3人以上でプレイする撮影です。フェラチオをしながら、ピストンされるような撮影も複数プレイの撮影になります。男優女優が複数人いて、相手を変えながらSEXしていくような乱交も複数プレイです。

精子を複数の男優からかけられるような撮影もあります。複数プレイは、単に複数の男優と絡むだけではないので、プロダクションに撮影内容をよく確認しておいてくださいね。

女優1人で、男優が複数いて次々とSEXしていくようなシーンは、男性の憧れでもあるようです。現実的でないこともあるのでAVです。

縛り系

縛り系とは、ロープなどで手首や身体を縛って撮影する方法です。女性の体にロープを這わせて、エロさを増すこともありますし、手首を縛った状態で身動きしづらいような体位にして撮影することもあります。

このプレイも、女優の恥じらう姿や、感じているのに抵抗するような仕草を撮影するためにあるジャンルです。

中には、ハードな縛り「緊縛」もあるので、撮影内容を確認するようにしてください。

企画系

「企画系」とは、現実では絶対にありえないようなシチュエーションを内容に設定して撮影します。例えば、リンパマッサージを受けにいったら、おっぱいや陰部までマッサージされるお店など、実際にありえない空想を企画撮影することもあります。

「電マを陰部にあてて濡れなかったら10万円もらえる!」などの面白いところから、セクシーな姿に変貌するような企画もあります。

人気の高い企画だと、パート2・3と続くものもたくさんあります。企画系は、とにかく幅広く撮影されているので、あなたのできそうな企画に挑戦するのも、人気が出るきっかけになるかもしれません。

自分ができると思うお仕事をしよう

代表的なものをピックアップしましたが、これ以外にも色々な撮影内容があります。色々な撮影内容はありますが、それがコワイと思う必要はまったくないです。あなたができないNG行為は、プロダクションに伝えておけばその撮影のオファーは絶対にきません。

撮影内容にOKしていざ撮影となったとしても、撮影の内容があまりにハードだった場合などは断ることはできます。どれもそれも女優さんを中心に考えられます。でも、AVも立派なお仕事ですので、撮影日が決まってるのに当日のバックレなどはしないようにしましょう。

それと、NGがあまりに多い場合は、どうしても撮影オファーが減ってしまいます。それは、企画に参加できる条件のプレイができないからです。

最初はNGが多くても問題ないのですが、もっと稼ぎたい、これもできるかもと、どんどんお仕事の幅を広げていくのもありです。

たくさんの作品に出演したい女性や、高収入がほしい女性は、NGを少なくすれば、その分オファーが来る確率が上がりますし、少しずつプレイを増やすことで「〇〇プレイ解禁」などのタイトルで、出演することも期待できます。

急に撮影が決まるようなことは絶対にないので、事前にプロダクションとの話し合いで決めて、撮影内容が提示された場合も、わからないことや不安があったらなんでもプロダクションのマネージャーに聞けるので安心してください。

どのプロダクションに所属したらいいのかわからない方は、気軽にLINEでメッセージくださいね。あなたの不安や悩みがなくなり、たくさん稼いでいけることを願ってます!

カテゴリー
AV女優になる

AV女優のお給料やギャラはどのくらい?セクシーモデルの収入を調査!

お金を稼ぎたい!有名になりたい!

でも、実際のところお給料はどれくらいなのか、ちゃんと仕事はあるのか気になりますよね…

そこで今回は、AV女優やセクシーモデルに興味のある女性に知っておいてほしい、お金事情や出演作品の種類について書いていきます。

これを読んで、いろいろな働き方があることと、自分に合ったプロダクションを見つけるためのポイントの参考にしてください!

AV女優にも種類がある

まずは、AV女優の種類について知っておきましょう。AV女優には、契約や出演方法で違いがあり、主に以下の3つに分けられます。

・企画女優
・企画単体女優
・単体女優

それぞれ作品あたりの出演料(ギャラ)の違いや、撮影方法、契約のしばりなどに違いがあります。

収入はメーカーとの契約や企画とのマッチングで決まります。それだけでなく、女優さんがどのように働きたいか、例えば「短期間でたくさん稼ぎたい」「長期間で安定して稼ぎたい」なども関係してきます。

それでは、ギャラや月収も含めて、撮影の違いなどを分けて紹介します。ギャラは、プロダクションとの割合や、メーカーとの契約で決まることなので、あくまで目安として読んでください。

企画女優のギャラや月収

AV女優全体の約80%がこの「企画女優」です。企画女優はバイト感覚で出演できるお仕事も多く、名前を出したくないなどの理由で企画女優を選んでいる女優もいるからです。

1本あたりのギャラは、3〜25万円程度です。3万円の出演料というのは、オナニー動画や裸体の撮影など、男優と絡まないセクシーモデルがするような仕事内容も含まれます。

企画作品は、複数人の女優さんで1本の作品を製作することが多く、撮影時間や内容でギャラが変わるのが企画女優です。1本の作品に出演する女優さんの数が少ないほど、ギャラは高くなる傾向です。

また、企画女優はメーカーとのしばりがないので、オファーがくれば好きなだけお仕事ができます。スケジュールをうまく組めば、このあと説明する超稼げると言われる単体女優さんより稼げちゃう。それが企画女優の良さでもあります。

企画単体女優のギャラや月収

AV業界の約15〜20%が「企画単体女優」です。企画作品ですが、女優1人が1作品に出演しています。企画なので、いろいろな企画でオファーがくれば、それだけ出演できる作品が増え、お給料も上がります。

基本的にはメーカーと直接契約を結んだ単体女優さんが、メーカーとの契約が終わったあとにこの「企画単体」になります。俗に言う「キカタン」です。

最初に説明した企画女優と同じで、企画単体女優も特定のメーカーと専属契約をしていないので、受ける仕事に制限がなく、人気が出始めると爆発的にオファーがきて、月に20本もの作品に出演することもあります。

そうなると、1本約15万円〜25万円の出演で、月に20本出演すると、300万円程度のお給料になります。

企画単体女優には、単体女優から企画にくる女優もいれば、企画女優から企画単体女優になる女優もいます。自分がどのような働き方をしたいかで、女優さんの働き方を変えることもできます。

単体女優のギャラや月収

AV女優として有名で、1本あたりの単価が一番高いことから、単体女優を目指す女性が多いです。しかし、AV女優全体でみると、おおよそ1%しかいません。

単体女優は、メーカーとの専属契約を結ぶことになります。人気の度合いによって、1本の単価も違ってきて、低ければ30万円という場合もありますが、1本100万円程度が相場と言われています。

トップ女優になると、1本250万円くらいのギャラをもらえることもあるので、夢のような話ですね。これからAV女優を目指す女性には、是非1%の単体女優を目指してほしいです。

ただ、専属契約があるので、企画単体女優のように、いろいろなメーカーの作品に出演することができません。その分、単価が高いと言ってもいいでしょう。

まずは自分がどのAV女優になりたいか決めよう

アルバイトを決めるときも、やりたい仕事を決めたら、いくら稼ぎたいとか、何年くらい働く予定とか考えますよね。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったお仕事の仕方を考えてみてください。プロダクション選びの参考にもなると思います。

企画女優のお仕事について

初心者女優さんは、企画から始めると緊張度合いが低いかもしれません。なぜなら、スタッフの数も少ないですし、時間も短く台本も少ないからです。

撮影にかかる時間も、3時間程度あれば終了することがほとんどです。ダブルワークとして、収入を増やすことも可能です。撮影する内容が簡単なのも魅力です。

1本あたりの収入は少ないですが、本数が多ければサラリーマンの月収を超えることも簡単です。同じ収入だと考えて、風俗などの待機時間を考慮すると、時給換算しても企画女優のほうがいいですね。

企画単体女優のお仕事について

企画単体女優で出演する場合、スタジオが用意されていたり、メイクさんやADさんがいたりと、本格的な撮影になります。台本は、作品によって違います。

企画単体女優をする女性は、AV女優として稼ぐ額を予め決めていて、達成すると引退していくこともあります。例えば、3,000万円貯める場合、月に150万円稼ぐと3年かからずに貯める事も可能です。

他の女優との差があれば、そこが売りになるので、人気に火が付く可能性も十分にあります。例えば、体の柔軟性が飛びぬけていて、いろんな体位に挑戦できるなども、自分の武器になります。

また、プロダクションとの契約時にNG項目を決めるのですが、NG項目が少ない方が稼ぎやすくなります。たくさんの金額を稼ぎたい場合は長く続けていくことも大事なので、自分にそこまで無理のない範囲で決めましょう。プロダクションに相談すれば、一番いい方法を提案してくると思います。

単体女優のお仕事について

新人女優さんでも、メーカーがそれまでの知名度や魅力など総合的に判断して、いきなり単体女優になることもありえます。単体女優は、メーカーと専属契約をするので、専属女優と呼ばれることもあります。

人気が出れば出るほどギャラも上がりますし、専属契約期間も延長されていきます。単体女優は基本的に月1本の撮影です。企画単体女優のように何本も出演できないので、収入面だけを考えると低い場合もあります。

単体女優は、他の女優の憧れでもあり、AV女優界の頂点ともいえます。ネットやテレビなどに出演することが多いのも単体女優ですね。ネット配信などですでにファンがついていたりすると専属契約しやすくなります。

自分にあった種類のAV女優になろう

自分の仕事スタイルがある程度決まれば、次はプロダクション選びです。どのプロダクションを選ぶかで、自分が思うような仕事ができるかが決まります。

AV女優はこのプロダクション選びがかなり重要です。稼げるか稼げないかが決まります。

基本的にプロダクションと契約してメーカーに面接をしにいくのですが、「メーカー」と「プロダクション」の関係がうまく構築できているプロダクションこそ、稼げるいいプロダクションです。

プロダクションによって企画が得意なところもあれば、女優育成を得意とするところもあります。「大手だから」はおすすめしません。大手プロダクションは「企業感」が強く対応などはしっかりしていますが、女優数が多いためあまり手をかけてくれないケースも耳にします。

初めて連絡してみたときの対応も重要なポイントです。しっかりあなたの声を聞いてくれて、不安を解消できるようなところだと安心です。

自分の意見をしっかり持てなくても、相談にのってくれることもあります。このページに書いてあることを参考にして「3年以内に、1,000万円稼ぎたいです」など、希望を伝えてみてください。

自分にあった種類の仕事ができるかどうかだけは、自分で決断するしかありません。かといって自分だけの知識で色々決めてしまうのはダメ。決断は自分ですが、相談できる相手が知識豊富だと安心できますよね。

どのプロダクションにすべきか迷っている場合は、気軽にSWRA相談室へご相談ください。業界歴30年のベテランマネージャーがあなたの不安や悩みを解消します。

カテゴリー
AV女優になる

AV女優はどうやって営業してお仕事をもらうの?

プロダクションに所属したら、お仕事を受けるためにAVメーカーに営業を行います。営業方法は、プロダクションや女優の考え方、どう働いていきたいかによって変わってきます。

ここでは、AVメーカーへの営業の方法と、お仕事をもらいやすくするコツについて解説します。プロダクションに所属した後の流れがわからないという方も、この記事を読めばその不安を解消することができるはずです。

AV女優の営業方法

AV女優の営業方法は、モデルさんが所属しているプロダクションのマネージャーが1人で営業する方法と、モデルも同行する営業の2つがあります。

単体出演を目指す女優と企画出演を目指す女優でも営業方法が違います。単体か企画かは、面接して契約したあとにプロダクションと相談して、どちらをメインに営業していくのか決めます。

基本的に営業前にモデルさんを売り込むための宣材写真を撮影し、簡単なプロフィールを作成します。これは女優の名刺代わりになるものなのでとても重要な書類です。マネージャーと相談しながら作成するので、どうやったらお仕事がもらえるか話し合って決めていきます。

マネージャー1人で営業

まずはマネージャー1人で営業する場合について説明します。

この営業方法は、営業用の宣材写真と女優のプロフィールを用意し、マネージャー1人がメーカーを回ります。なるべく早く仕事がほしい女優や企画出演などから始めたい女優さんは、この方法で色々なメーカーにどんどん営業していきます。

メーカーは、女優のプロフィールやOKプレイなどを見て、プロダクションにオファーをくれることになります。メーカーが作りたい作品に適していれば、すぐにでもお仕事をもらうことができます。

担当マネージャーと一緒にメーカー周り

もう1つの営業方法は、マネージャーと女優が一緒にメーカーに営業をします。宣材写真を名刺代わりに持参し、実際の女優さんを見てもらいます。こちらのほうが、メーカーの担当者に印象を強く残すことができます。

単体でも企画でも、オファーが来なければお仕事できません。女優さんが一緒に行くことでメーカー担当者の目にとまれば、オファーの確率が上がるので、お仕事の機会が増えることにつながります。

お仕事が決まりやすくするコツ

AV業界の営業でもお仕事が決まりやすくなるコツがいくつかあります。

まずプロダクションと一緒に営業に行く場合、営業と考えるよりもオーディションを受けるつもりでのぞんで下さい。ですが、だからといって緊張する必要はありません。一番良いのは、自然な自分を見せることです。

緊張しないように、あらかじめマネージャーと打ち合わせしておきましょう。質問されそうな内容や、売り込むポイントを決めていると、緊張も少し和らぐはずです。

プロダクションの人はたくさんの女性を連れて行っているので、緊張しないためにはどうしたらいいのか、どうやったらお仕事が決まりやすくなるかも丁寧に教えてくれます。営業が初めての人はどうしたらいいのかわからないのが普通です。気軽に相談してみましょう。

お仕事に前向きという姿勢を

どんなお仕事でもそうですが、前向きに仕事を受ける姿勢があることが前提条件です。やる気があるかどうかは、態度や話し方を見ていればわかります。

メーカーの担当者が話していることをしっかりと聞いて、質問されたら積極的に回答していきます。最低限の一般常識があることも重要です。

明るく元気に

緊張のあまり表情が硬くなってしまったり、声に元気がなかったりすると印象が下がってしまいます。AV出演の営業だからと、色気を出したりする必要はありません。

バイトや会社の面接のように、しっかりと担当者を見て、ハキハキと話すように心がけると印象がよくなります。服装は、あまり暗い色を選ばない方がいいです。事前にどんな洋服で行けばいいかプロダクションに相談してみましょう。

最終的には「人」で判断される

プロダクションがモデルさんを見てどのメーカーに営業にいくのか決めるので、あまりにコンセプトの違うメーカーには連れて行かないはずです。オファーをかけるかどうかの判断基準には、作品との相性、スタイルなどが関係します。

ですが、同じような女優がいた場合、最終的には「モデルさんの人間性」で判断されます。メーカー営業で担当者が感じたことが、そのままオファーにつながります。

「口角を上げる・猫背にならない・相手の目を見て話す」これだけで、相手に伝わる印象はよくなります。当たり前のことですが、お仕事を適当に考えてしまっている女優にはできていないことです。

『どれだけ真剣に作品に取り組める女優であるか』を売り込んでください。

プロダクションによって営業方法が異なる

プロダクションには、新しくできた会社と昔からある会社があります。新しくできた会社の場合、営業といってもメーカーとのコネクションが少ないので、会社をメーカーに認知してもらうことから始めることになります。

メーカーからすると、どんな教育やマネージメントをしているのかわからないところの女優を採用するよりも、昔から付き合いのあるプロダクションの女優を採用する方が安心感がありますよね。

業界歴が長い老舗のプロダクションには、多方面のジャンルに出演できる女優が在籍していますし、メーカー側も相談しやすいので、仕事の割合は老舗プロダクションの方が多くなります。

新人女優に仕事オファーがくる確率は、老舗プロダクションに所属している方が断然多くの機会に恵まれます。女優を売り出すコツや、向いているメーカーなどをプロダクションが選んで営業ができることも老舗プロダクションの良いところです。

結局はどのプロダクションに所属するかで、仕事がもらえるかもらえないかが変わってくるので、プロダクションに所属してから数ヶ月たってもお仕事がもらえないという場合は、業界歴の長い老舗のプロダクションに変えてみるのもいいかもしれません。

カテゴリー
AV女優の体のこと

性病の種類と性病検査の重要性、費用について

AV業界は、性病に厳しい世界です。撮影する前に必ず性病検査を受け、陰性でなければ仕事ができない仕組みになっています。これは男女ともに同じです。

死に至る性病もあるので、厳しくなるのは当然ですが、性を仕事にしている業種の中でも一番厳しいのがAV業界です。性病についての知識をもって安全にお仕事ができるように、種類や重要性を解説します。

作品に出演している女優・男優は性病ではありません。

撮影する前に、性病検査の結果を必ずメーカーに提出することになっています。これは、男女ともにすることなので、性器を触ったり、フェラチオをしても病気がうつる心配はありません。

昔は、性病への知識や認識が薄かった時代もありました。しかし、AV業界のクリーン化とともに、病気への認識も高まった結果、一番厳しくチェックする体制に変化しました。

検査を拒否することはできる?

女性にとって、婦人科で検査することが恥ずかしいと思う人もいますね。しかし、検査を受けないことには、お仕事ができません。

恥ずかしい気持ちはあると思いますが、拒否してしまうと、一切のお仕事ができなくなってしまうので、せっかく頑張ろうとしているのに、本末転倒です。検査は一瞬で終わるので、頑張って受けましょう。

もし、性病がみつかったらどうなるの?

性病検査を受けた結果、性病が一つでもあると撮影できません。治療が終わったことを証明できなければ、今後もお仕事ができなくなります。

性病がみつかったら、まずは治療を最優先しましょう。お薬を飲んだり、膣に薬を入れることで治療できる性病がほとんどです。

性病検査は、いつ受けるの?

プロダクションに所属していれば、定期的に検査を受けることになります。それは、オファーが来たタイミングで、すぐにお仕事ができるようにするためです。

結果がでるまでに2日から1週間程度かかるので、お仕事のタイミングをのがさないように、プロダクションから指示されたらクリニックなどで性病検査を受けるようにしてください。

プロダクション所属だから安心できる

性病検査は、出演する全員が受けていると説明しましたね。プロダクションに所属しているからこそ、相手も性病がないことが確認できます。これは、AV業界だけのメリットです。

プロダクションが所属している女優や男優の管理をしっかりしてくれるので、安心してお仕事ができる環境になっています。

風俗業界は、お客様が選べません

風俗もフェラチオや性器に触る行為があります。女性は、お店のルールで性病検査を受けていたとしても、お客様側はどうでしょうか。定期的に検査をしている男性がいると聞いたことはありますか?

女性がどれだけ身を守っていても、お客様が性病の場合、防ぐことはできません。風俗は、一般人相手なので、性病になるリスクはいつでもあります。

おっぱいを出して接客したり、お客様とキスをしたりするので、口腔の性病リスクがあります。風俗よりも、性病検査を義務にしていないお店も多いです。

性病は、膣からだけでなく、キスでもうつります。フェラチオをしなくてもうつるリスクがあるということです。「最近喉の調子が悪い」「口の中が荒れている」などの体調が、実は性病に感染していたということもあります。

彼氏とのSEXだけだから大丈夫?

浮気していないかぎり、リスクは低いですね。AV女優さんでも彼氏がいる人はいます。しかし、リスクはゼロではありません。

ゼロではないという理由は、性病は温泉やプールでもうつる可能性があるからです。体調不良が続いて、抗生物質で治療を続けていた場合など、免疫力が落ちているとうつる可能性が高くなります。性病に絶対大丈夫はないと思っておいたほうが良いかもしれませんね…

性病検査の主な項目と費用

性病検査の項目は、HIV・クラミジア・梅毒・B型肝炎・淋病・咽頭淋病・咽頭クラミジアの7項目であることが多いです。費用は、25,000円程度かかります。

7項目以外にも性病はあるので、必要に応じて項目を増やして検査することになります。増えれば、その分の費用もかかります。費用は、病院によっても違いますし、医療保険によっても違いがあります。

性病検査をしている病院はどこ?

女性の場合、婦人科で検査します。大きい総合病院でも個人のクリニックでも検査に違いはありません。プロダクションと提携しているクリニックなどで安く受けられたり、プロダクションの費用負担で行う場合もあります。

性病検査の項目と内容は?

性病と人くくりにいってもたくさんの種類があります。代表的な性病について簡単に解説します。

HIV

HIVは、ご存知の方も多い、エイズを発病するウイルスですね。HIVに感染していると、今後AV女優としてお仕事していくことは、難しいでしょう。

クラミジア

クラミジアは、感染者がとても多い性病です。その原因は、症状がないことです。クラミジアは、膣の検査と口腔内の検査があります。口の中にもクラミジアは感染してしまうからです。

梅毒

梅毒は、しこりや腫れができるような性病です。早期に発見して治療すれば完治する性病ですが、放置しておくと、死亡することもあるので検査を定期的に受け、感染していないことを確認しておきましょう。

B型肝炎

B型肝炎は、肝臓が弱り、全身に症状のでる性病です。しかし、数カ月で自然治癒することもあります。症状によっては、治療が必要になることもあります。

淋病

淋病は、クラミジアと似ていて、感染しても無症状であることが多いので、気づきにくい性病です。口腔内にも感染するので、両方の検査が必要です。

性病になっていたらどうしたらいい?

検査するときは、症状がなく病気の疑いがないので、検査費用は全額自己負担で支払いますが、検査の結果で病気になっていることが判明した場合、治療は保険証を出して行う保険診療になります。

保険診療の場合は、3割程度の負担で治療できます。治療が終わり、完治した診断書が必要な場合は、数千円でドクターが書類を書いてくれます。

性業界で働くなら、好待遇のプロダクションも選択肢にしてください。

風俗やセクキャバでは防げない性病ですが、AV業界で働く場合、仕事で感染することはほぼありません。

しかし、性病検査の費用や交通費、宿泊費など、都心に暮らしていない女性にとって、撮影するまでにかかる費用は、大きな負担になりますね。

性病検査にかかる費用などのを負担してくれるなどの待遇は、AVプロダクションによって様々です。相談連絡や面接のときに、どこまでしてくれるのかダイレクトに聞いてみてもいいでしょう。きちんと答えてくれるプロダクションは信用できますね。

一生の病気になることもある性病は、自分だけでは防ぐことは難しいです。相手が性病でないことを確認できるのは、AV女優(男優)だけかもしれません…

性行為が多いAV女優さんが性病で悩まないのは、こういった理由があるからです。もし性病の不安があるならば一度受診してみることをおすすめします。

カテゴリー
アダルト系のお仕事について

撮影会・写メモデルの仕事内容やお給料について

今回は、業界のお仕事でも始めやすい「撮影会モデル」のお給料ギャラ事情や、仕事内容、システムなどを解説します。

撮影会や写メのモデルは簡単に始められるので、実はたくさん経験者がいます。もしかするとお友達も始めているかもしれませんよ。

しかし、セクシーな写真やヌードモデルの仕事が多いので、他の人に言いづらく「わたし撮影会モデルやってるよ」と、言いにくいですよね。

慣れないお仕事や、周りにやっている人がいない場合、どんなことをするのか不安に思うはず。ここで撮影会について詳しく解説するので興味のある方は参考にしてください!

仕事内容は、簡単!被写体になるだけです。

撮影会のお仕事は、難しいことは何も考えなくて大丈夫。写真を撮られたり、自分で撮ったものを提出するだけです。

恥ずかしいと思っている女性ももちろんたくさんいますが、緊張したのは最初だけという意見も多く、慣れてくると楽しくなってくるようですよ。

グラビアモデルやAVモデルなど、モデルの仕事をする人が多いですが、モデルではなく一般のお仕事をしていて、お小遣い稼ぎに撮影会のお仕事だけやっているという方もけっこういます。

グラビアやビデオ撮影となるとロングスパンになりちょっと大変ですが、撮影会などであれば簡単に同じような仕事内容で気軽に稼ぐことができるから、今の生活にプラスαしたいという方にはかなりおすすめのお仕事なんです。

「もう少しお金が欲しい」
「旅行費用を貯めたい」
「稼げる副業がしたいけれど、男性と触れ合う仕事はイヤ」
「仕事をしているから、短時間しか働けない」

女性は、何かとお金が必要です…

毎月の美容室・メイク用品・洋服など、欠かせない出費が大きいんですよね。そんなときにもう少しお金があって、自分の時間も十分にあれば余裕をもって暮らせるのになぁ〜という女性に、撮影会はもってこいのお仕事です。

撮影会モデルのお仕事は、アイドルもしています。

撮影会は、スタジオなどでモデルをするお仕事です。セクシーなポーズやヌードでのお仕事が多いです。なかには、衣装を着て撮影する仕事もあります。

そこできになるのが、撮影された写真がどうなるのか、だと思います。短期間だけスポットで撮影会をする場合、顔バレや身バレは避けたいですよね…

撮影された写真などは、カメラマンの手元に残ります。撮影前に、カメラマンは撮影した写真を他人に見せない、SNSなどインターネット上にアップしないことを誓約していることがほとんどです。個人観賞や個人の趣味のみに限定されています。

ヌードやセクシーな撮影の被写体になってくれる女性は限られているのでお仕事になります。モデルにとって、どこにも流出する心配がなく、誰にもバレることなくできる高収入の仕事です。

アイドルになりたい女の子は、最初からアイドルで収入を得ることは難しいですよね。夜のお仕事をすると黒歴史になることだってあります。飲食店でアルバイトしても、時給1,000円程度で長時間働くことになります。

誰にもバレずに、短時間で稼ぐことのできる撮影会モデルは、AV撮影のように男性と絡むこともなく安全です。

写メモデルは、簡単に自宅でもできます。

写メモデルは、スマホで撮影した写真を転送するか、写メ用に撮影をするのが仕事の内容です。個人観賞用のお仕事依頼は少数で、事務所や仕事内容によっては、出会い系で使うなりすましの用途だったり、エロサイトなどの宣伝用だったりします。

写メモデルのほうが、簡単で少額のお小遣い稼ぎには適しているかもしれませんが、流出してしまう可能性もあります。契約する内容で決まることなので、しっかり自分で確認してからお仕事してください。

でも、写メモデルは一時期かなり稼げて流行っていたのですが、最近ではあまりお仕事量が少ないようです…

気になるお給料の相場や、支払い方法は?

撮影会のお給料は、契約によって決まります。1回の撮影会で、数万円程度の報酬を受け取ることもできます。人気が出れば出るほど撮影会の料金も高く設定できるようになるので、数回の撮影会モデルをするだけで、10万円を超える報酬を受け取ることもできます。

一度挑戦してみてから、続けるかどうかを自分で考えることもできるので、気軽に数万円稼いでから続けるか決めるのもいいでしょう。

支払いは当日払いのところや、月締めで支払いをするところなどさまざまです。所属するプロダクションにもよります。撮影する前に、書面や担当者に確認しておきましょう。

どうしても当日に報酬を受けたい場合は、そのことを前もってプロダクションに相談しておくと話がスムーズですよ。

写メモデルの報酬は、1枚500円〜5,000円程度です。撮影会モデルよりも手軽な分、報酬は下がります。こちらも契約はありますので、報酬確認は、撮影前に行うようにしてください。

モデルをする人は、ごく普通の女性がほとんど

モデルというと、容姿端麗な美女がするものと考えることもありますが、撮影会のモデルは美女が求められているわけではありません。

ごく普通の女性だからこそ、価値があります。カメラマンにも色々な趣味の方がいるので、同じような顔で、同じようなスタイルのモデルが好まれるわけではありません。

今の生活にあと10万円あれば、どんな暮らしができますか?欲しいものや、美容のために使えるお金も増えますよね。旅行だってグレードアップしたお部屋に宿泊できます。

その10万を稼げる隠れた副業が、撮影会のモデルです。AV女優のように男性と絡んだり、店頭に並ぶ作品に出演するわけではないので、完全に隠れた副業になります。

撮影モデルはプロダクションを通してがおすすめ

撮影会のお仕事をする方法は大きく分けて2つあります。1つはプロダクションやメーカーを通して撮影会のお仕事をする方法。もう1つは個人的に依頼されて個人間で撮影する方法です。

個人で撮影会に参加する場合は、何があっても自己責任になるので、あまりおすすめしません。カメラマンがどういった方かもわからないですし、契約書を作ったとしても守られない可能性もあるからです。

事務所を通して撮影会モデルをする場合は、カメラマンの身元を確認していたり、誓約書があったりと、モデルを守ることをシステム化していることが多いので安心です。

もちろん契約内容や撮影会の開催について、しっかり説明をしてくれるような事務所でないと、所属する意味がありません。応募した後に説明もなしに、撮影会をするような事務所からのお仕事依頼は、断りましょう。

撮影会や写メモデルは、簡単に始められて報酬がいいお仕事です。

写メモデルの場合、月1万円の収入になればいいほうですが、撮影会モデルの場合は、1回の撮影で1万円を超える報酬になることがほとんどです。稼ぐ方では1回で10万円くらい稼ぐモデルさんもいます。

モデル事務所の話しだけでも聞きたいと思ったら、まずは撮影会のお仕事を紹介してくれる事務所(プロダクション)に連絡してみてください。今は、LINEや電話で気軽に連絡できる事務所や、モデルさんに合った事務所を仲介してくれるところも多いです。

スマホで相談するだけなら、いきなり仕事をさせられるなんてこともないから安心ですよね。撮られた写真は公開されるのか、顔出しするのか、お給料はいくらかなど、自分の気になることはすべて聞いて見ましょう。ちゃんと教えてくれないところは要注意です。

憧れている友人やキレイな人は、副収入で毎日のキレイを維持しているかもしれません。撮影会モデルは、誰にもバレる心配がなく安全な仕事ですが、最初の勇気は必要です。

ですので、まずは相談から始めて、不安をしっかり取り除いてから、お仕事することをオススメします。

カテゴリー
AV女優になる

AV女優の応募から給料をもらうまでの流れ

AV女優を目指す女性にとって、お金が入るまでの流れって気になりますよね。

AV女優になるための応募から報酬が入るまでの流れを順番に説明します。ここで説明することは業界全体の流れであって、所属するプロダクションによって多少違いがあるので注意しまししょう。

応募から給料をもらうまでの流れ

AV業界に入るには、まずどのプロダクションに所属するのか検討するところから始まります。

所属すれば、あなたを売り込むためにプロダクションが営業をして、あなたの希望にマッチしたお仕事をとってきてくれます。そのお仕事の条件に同意できればお仕事開始という流れです。

なかには明日にでもお金が欲しいという方もいると思いますが、すぐにお仕事ができるかはプロダクションによって様々です。自分のできるジャンルを取り扱っているかも違ってくるので、プロダクションに所属する時点でちゃんと説明を受けておきましょう。

応募するプロダクションを選ぶ

プロダクションの探し方はけっこう簡単です。「AV プロダクション」などをスマホで検索すれば、いろいろな事務所が出てきます。

AV動画サイトで出演してみたいジャンルを選択して、パッケージをみて女優さんの所属しているプロダクションをたどって見つけるという方法もあります。

プロダクション選びでは、数事務所ピックアップすることをオススメします。

1件に絞らないほうがいいです理由は、募集で書いていた内容と違っていることや、条件が合わないこともあるからです。

応募する

探してピックアップしたプロダクションに応募します。

応募は、LINEでするところや、電話をするところなどプロダクションによって違います。募集ページに必ず書いているので、応募方法を守りましょう。

どうしても、応募したいのに、募集ページがないプロダクションでも、連絡して募集していないか確認するのもいいでしょう。

まずは、気軽に連絡をとってみることです。あなたが行動しないかぎり話は進まないので、緊張するかもしれませんが、ドキドキしながら応募してみてください。

電話で最低限聞きたいことを聞く

応募すれば、プロダクションから連絡がきますので、あなたがしたいお仕事ができる可能性があるかなどを確認しておきましょう。

まだ所属したわけではないので、詳細を聞いても答えてくれないこともあります。最低限あなたが譲れないことを質問するようにしたほうがいいですね。

例えば「アナルセックスはできないんですが、面接してもらえますか?」など、面接条件に合うかを確認すると、無駄な面接を受けずにすみますね。

面接

緊張するのはみんな一緒なので、面接で自己アピールができるように準備しておきましょう。例えば「女優として複数の作品に出演したいので、企画作品にも挑戦したいです」など、自分の考えをまとめているといいですね。

AV女優のお仕事内容は、全裸になれることが前提になりますよね。面接で、スタイルや身体の傷などを見るために裸になることがあるかもしれません。面接前には、肌のお手入れやムダ毛の処理をしておきましょう。

全裸を見せることに恥ずかしさや抵抗があるのもわかります。ですが、あなたが目指す仕事で体を見せることは必要なので、身体検査だと思ってください。

面接担当者は、何百人もの裸を見てきているので、面接しながらどういった仕事に向いているか、どのAV制作メーカーに営業に行けるかなど、考えながら見ています。

契約

プロダクション側から合格の連絡がきて、あなたも所属条件に納得できれば、契約しましょう。

契約書は、プロダクションによって複数枚あることもあります。すべて確実に読んでください。わからない言葉や内容があれば、確認して読み進めましょう。

契約書には、プロダクションがあなたにすること、あなたに守ってほしいことが書いています。とても重要な書類なので、自分でも大事に保管しておいてください。

もし、契約書の内容で納得できないことや、無理だと思うことがあれば、契約せずにお断りしてください。

宣材写真の撮影

ここからは、あなたの仕事を受ける準備です。

宣材写真というのは、メーカーにあなたをPRするために使用されます。服を着た写真・下着姿・裸体など様々な写真を撮影していきます。

宣材写真は、あなたができる一番初めの売り込みですので、色々な角度で撮ってもらいましょう。初めての写真撮影だと緊張すると思いますが、営業用になるので頑張ってください。

営業

宣材写真を持って、マネージャーと一緒に回ることがあります。マネージャーだけが営業するよりも、女優さんが一緒に行く方が、メーカーにとって、どんな女性なのか分かってもらいやすいです。

営業先で、メーカーさんとお話しする機会があれば、得意なことを宣伝してください。お仕事をもらうには、メーカーさんに選んでもらう必要があるからです。

AV業界には、いろいろなジャンルがありますし、女優さんのタイプも様々です。あなたがコンプレックスだと思っているところも、仕事につながる可能性もあります。

マネージャーさんとよく話し合って、自分の売り込み方をマスターして、いい条件のお仕事をもらえるようにしてください。

メーカーとの契約

営業が上手くいって、メーカーから契約の連絡がくれば、お仕事ができるチャンスがもうそこまで来ています。

メーカーとの契約は、可能プレイの確認や報酬など細かい内容になります。お仕事が欲しいからと、できないことまで可能にすると、あとで自分が泣くことになるので、欲張りすぎは、やめましょう。

メーカーは、契約した内容をもとに、プロダクションを通して、あなたにお仕事依頼をしてきます。

お仕事の選定

メーカーからお仕事依頼が来れば、内容を確認し、お仕事を受けることになります。

しかし、内容で変更してほしいところや、できない内容が来てしまった場合、お断りすることになります。他にも、報酬と見合わないような場合も、お断りするのが賢明でしょう。

初めてお仕事をする場合、どんなことをするのか、報酬は見合っているのかなど、わからないことばかりです。お仕事の選定は、プロダクションやマネージャーと一緒に考えていいでしょう。

プロダクションは、相談を受けてくれるところと、そうでないところがあります。実際にお仕事する時になって「相談にものってくれない。不安しかない」とならないように、プロダクションとの契約はしっかり考えてからしておきましょう。

お仕事開始

お仕事を受けたら、撮影日までに体調を整えておきましょう。肌の手入れなど、自分がキレイに撮影してもらえるようにできる努力は不可欠です。台本を覚えておくのも忘れないでください。

台本で流れを把握しておくことで、現場での緊張感もほぐれます。カメラアングルを調整するカメラテストをしてから、撮影します。

初めての撮影は、緊張のあまり固まってしまうことも考えられます。だからといって、お酒に頼ってしまうようなことは、絶対にやめましょう。

初めての女優さんであることは、現場スタッフはみんなわかっています。緊張していても、台本をしっかり覚えてきていたり、あいさつや自己紹介をきちんとすることで、周りのスタッフが仕事をしやすい雰囲気を作ってくれます。

お給料の支払い

プロダクションから支払われる給料は、アルバイトなどと同じで、締め日があって給料支払日が決まっていることが、ほとんどです。

支払い日までに、お金が必要な場合などは、プロダクションに前もって相談しておくといいでしょう。もちろんお仕事をしていない状態で、お金が支払われることはありません。

お給料については、プロダクションとの契約で決まっていることです。わからなくなったら、契約書を読み返してください。

柔軟に対応してくれるプロダクションを選ぼう

すぐに行けない地方に住んでいる女性の場合、プロダクションを訪問するだけで時間もお金もかかりますよね。

今は、LINEなどで面接してくれるプロダクションもあります。プロダクションを探すときに、面接の仕方を相談できるところをピックアップするのもいいですね。

ビデオ通話や写真のやり取りで面接が完了している場合、地方からの交通費+報酬で、お仕事を用意してくれるプロダクションもあります。お金が早く欲しい女性は、面接で相談してみましょう。

お仕事前にお給料を出してくれるところは、ほとんどないと考えていいでしょう。急にお金が入り用になった場合なども、できる仕事がないか相談してみましょう。お仕事をした後であれば、支払い日の相談にのってくれるプロダクションはあります。

簡単なお仕事で、単価の良い仕事もあるので、プロダクションから借りるのではなく、何か仕事ができないか相談することをオススメします。

プロダクションによって、あなたへの待遇は全く違います。全額プロダクション持ちでお仕事準備をしてくれるところもあれば、自分でお金を払って準備しないといけないところもあります。

まずは、応募して条件や待遇などを聞いて、考えてみてください。あなたと条件の合うプロダクションは必ずあります。1件だけで決めないで、納得するまで探してみましょう。